Windows 7にリモートディスクトップで複数接続

Windows 7にリモートディスクトップで接続すると、リモートでそのマシンを操作することが出来る。
この機能、Windows Server系だと複数同時接続が可能で普通のクライアントOSだと
1セッションのみとなっている。
なので、誰か(ユーザA)がそのマシンにログインして作業中に、他のユーザ(ユーザB)がリモートで接続すると
マシンにログインして作業中のユーザAに対してログアウト指示のダイアログが出て
リモートで接続しようとしたユーザ(ユーザB)は、ユーザAがログオフしなければ接続することが出来ない。

ところが、この1セッション制限を解除するソフトが存在するようだ。
それがこれだ!

Universal Termsrv.dll Patch

ダウンロードして、実行してみると、以下のようなUIが開く。

Patchボタンをクリックして、指示されるとおりマシンを再起動すれば、あとは複数セッション接続が可能になる。

termsrv.dllというファイルを書き換えているようなので、Windows Updateの際には何か出るかもしれないが、とりあえずマシンを複数のユーザで共有して使いたい場合には有効そうだ。

カテゴリー: PC関連, Windows   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>