Scala

とかやりたい時に、そのままやってもエラーになってしまうが を書いておくと、上記の書き方が出来るようになる ※補足 sbtでプロジェクトを管理している時にApache Commons IOを使う場合 build.sbtに を追加しておくと依存関係が解決

Play framework2, Scala

Play frameworkは便利ですが、そのまま稼働させたい時などにわざわざ なんて打ちたくありません。 でも、playコマンドにそのままstartと引数を付けて叩くと、コマンド一発で起動する事が出来ます。 ところが、 なんてやった場合に、ポートが80番にならない。 よくよく調べてみると、playコマンドに対してstartと80の引数が渡された状態のようで playはstartだけを有効な引数として見るっぽいです なので、 playに渡す引数は一つにする必要があって とやって上げる事で "st ...

Play framework2, Scala

Ubuntu 11.xx上で、Play framework 2.0 for ScalaからImageMagickを使う ということで、今回のコンセプトですが cookpadにはtohuがある ぼくらにはない でもapacheのモジュールで作るのもしんどい という事で、Play framework for Scalaで作るという事なのです まずはJDKのインストール これは、 からダウンロードします。 しかし、SunがOracleに買収されたのは未だにショックです。。 というのはおいといて ダウン ...

VMWare

主な新しい修正としては VMware SCSI デバイスでの メモリーへのチェックされていない書き込み ということで、バグフィックスのようです。

Play framework2, Scala

Ruby on Railsは、フルスタックで、テーブルのスキーマもリビジョン管理が出来るフレームワークですが、Play! Frameworkもそれに近い事が可能となっています。 Ruby on Railsで言うマイグレーションファイルは、Play! Frameworkでは conf/evolutionsディレクトリになります。 このディレクトリに1.sqlという感じに、連番でsqlファイルを作成すると その順番で実行時にスキーマの更新が行われます。 では、この1.sqlのファイルの中身はというと ...