git for WindowsをCygwinに変えてみた

昔からWindows上でUnixのコマンドを扱える環境として

Cygwinがありました。

当時というか、ちょっと前まで、レジストリに何か設定を残したりしてて

うれしくない、ということで、最近はマシンスペックも高くなってきていたので

VMでUbuntuを使うようになっていました。

けど、Windows上でもgitコマンドが使いたい、と言うことで

git for Windowsというのを使ってました。

これはまぁCygwinのgitコマンドと周辺コマンドのみをパッケージングしたような物で

lessが使えたり、まぁgitを中心とした極小Unixという感じの物でした。

色々使っていると、やはり色々とUnixコマンドで済ませたくなってくる物で

最近ではちょっと物足りなくなってきてたので、Cygwin再度入れてみるか~と思ったところ

Cygwinは1.7あたりからレジストリを使わなくなったっぽいのです。

きれいな環境のまま使えそう!と言うことで

入れちゃいました。

メインの用途はgit用なので

Cygwin Terminal2

gitはインストールするように設定します。

次に、git用に設定をしていきます。

まず、CygwinのUTF8の設定を。

Cygwin Terminalというのは、Cygwin用のターミナルで、このオプションである程度設定が出来ます。

今までは、Windowsのコマンドプロンプトにbashとかが起動してたような気がしたんだけど…

Cygwin Terminal

textという項目で、Fontを日本語が表示できるフォントに変更します。

続いて、Localeをja.JPにします。

CharacterSetをUTF-8にします。

これで、日本語は表示されるようです。

gitのログも問題ありませんでした。

続いて、gitのコンフィグを。

これで最低限の設定は完了しました。

ついでに、ツリー上のログを表示するエイリアスとかも設定しておきます。

gitコマンドとオプションのオートコンプリート機能も欲しいので、設定してみます。

先ほど使ったCygwinのインストールで、パッケージを追加インストールします。

git-completionというパッケージ。

これを入れることでgitのオプションなどがタブキーで補完されるようになります。

あと、gitリポジトリにいる時に、プロンプトにカレントのブランチ名を表示したいな(git for WIndowsみたいな感じ)

ということで

.bashrcに設定を追加します。

以上です。

これで、gitのリポジトリに入ると、そのリポジトリ内のカレントブランチがプロンプトに表示されるようになります。

git for windowsで秀丸を使ってコミットメッセージを編集したい

git for windowsは、まだ完成とは言い切れない(日本語環境で使うには)というイメージがあり

実際にコミットメッセージをコマンドラインで入力する方法でコミットすると

他の環境ではそのコミットメッセージが化けて見えたりします。

ということで、化ける原因を解消したいので

エディタを別のものに変えてみます。

gitには設定でエディタを変えるという事が出来るようになっているので

その設定を変更してみます。

git help configの中にあるように

という設定項目を変えることでエディタを変更することが出来るようだ

ついでなので、普段使いなれているエディタ(秀丸)を指定したい。

git bashを使う場合、プログラムのパスが若干書き方が違うので

git bash上で秀丸のディレクトリまでたどってみる。

という感じのパスになっただろうか。

ここに秀丸本体のファイル名を付け加えて

となる

実際にgit bash上で起動してみる

起動しただろうか。

続いて、文字化け対策。

通常起動の場合、秀丸はshift-jisで起動してしまう。

秀丸の起動オプションには/fu8というUTF-8で起動するというオプションがあるので

このオプションをつけてみる。

実際にcore.editorに設定してみます。

というファイルがありますでしょうか。

このファイルを開いて

という設定を追加します。

以上で、

とやった時に秀丸が起動するようになります。

gitのログコマンドでツリー状で表示させる

git logでツリー状の良い感じの表示を実現するコマンドオプションをエイリアスに登録する。

このサイトのソースコード表示を変更いたしました。

ソースコードの表示今までだと若干見にくい感じになっていたので、プラグインを入れ替えてみました。

SyntaxHighlighter Evolved

インストールするには、単純に

WordPressの管理画面のプラグインと言うところで

新規追加ボタンを押してプラグインの検索に「SyntaxHighlighter」と入力して検索するだけで

一覧に表示されます。

ここから、インストールをクリックするだけで入れることが出来ます。

ソースコードを見やすい表示にしたい場合、

[ruby]
list = [1,2,3]
list.each do |item|
p item
end
[/ruby]

という感じに書きますと、

と出力されます。

対応しているソースコードのシンタックスは

  • ActionScript3
  • Bash/shell
  • ColdFusion
  • C#
  • C++
  • CSS
  • Delphi
  • Diff
  • Erlang
  • Groovy
  • JavaScript
  • Java
  • JavaFX
  • Perl
  • PHP
  • Plain
  • PowerShell
  • Python
  • Ruby
  • Scala
  • SQL
  • Visual
  • XML

となっています。

gitで、リモートのブランチを誰かが消したにも関わらず、git branch -r をすると表示されしまう。(remote ref does not exist)

複数人でgitリポジトリを管理しており、ほかの誰かがリモート上のあるブランチを削除した場合

ローカルリポジトリ上で

とやると、消されたはずのブランチが出てきてしまう。

さらに、ここで

とやってみても

という感じでエラーが出てしまう。

こんな時は

というコマンドをたたいてやると、リモートの状態を再度取得してくれる。

ちなみに、pruneというのは取り除く、とか切り取る、とかそんな雰囲気の単語らしいので

リモート上で削除されたブランチをローカルからも取り除く、といった意味合いかな?と思います。

Scala IDEが便利になった

Scala IDEが便利になった。

というより、Eclipse同梱版が出来て、楽になった。

http://scala-ide.org/

Scala IDEは、Scala2.10.x用の環境で、Scala 2.9.x以下を使っている場合は使えないようです。

※Scala IDE上ではScala 2.10.xが動くけど、コマンドラインでは2.9.xという感じでは使えるかと思います。

Scala IDEは、ベースがEclipseなので、Windowsの他、Mac OSとLinux上で使えるようです。

Scala IDEについて

自分が便利だと思っていること

  • JavaとScalaのミックスプロジェクトが簡単に扱える
  • Scalaのコード補完が出来る
  • Scalaコードフォーマッティング
  • import自動追加
  • Play frameworkのテンプレートが普通に開ける
  • Play frameworkのテンプレート

UbuntuのDesktopをMac OS風にする

Ubuntuのデスクトップは標準では使いにくいので、どうせならMac OS風にして見よう、と思ってやってみます。

Mac OS風になる物はいくつかあるようですが
今回はGlx-Dock / Cairo-Dock
という物を使ってみます。

インストールはパッケージ管理でちょこちょこっとコマンドを叩くと入れられるようです。
では、オフィシャルページにあるインストール方法を実行していきます。
※ここでは、Ubuntu Serverではなく、通常のUbuntuで、Ubuntu-Desktopがインストールされている環境を前提にしています。

パッケージリポジトリを追加します。

パッケージ情報を更新します。

インストールします。

ログアウトすると、cairo dockが選べるようになっていると思うので、選んでからログインしています。

これで、デスクトップがMac OSッぽくなりましたね。

さて、使ってみましょう。

ウィンドウをいくつか開いて…
切り替えるにはAlt + Tab…
あれ、切り替わらない…

ウィンドウの切替にコマンドが設定されていない様な感じですね。

仕方が無いので、カスタマイズツールを入れてみます。

compizconfig-settings-managerを起動します。

Screenshot_from_2013-11-11 15-50-44

フィルタに「Shift Switcher」と入れます。
右側に項目が表示されるので、それをクリック。
下の方にShift Switcherを有効にする、という項目があるので、チェックを入れます。
これで、おそらくWindowsボタンとタブでウィンドウを切り替えられるようにはなると思います。
慣れない人のために、Alt + Tabで切り替える方法ですが

Screenshot_from_2013-11-11 15-54-13

またフィルタで「Next Window」と入力。

Next Window Keyという項目が<Super><Tab>となっていると思うので、ここをクリックして

<Alt><Tab>に変更します。

Screenshot_from_2013-11-11 16-00-17

これで、Alt + Tabでウィンドウが切り替えられるようになったと思います。

ひとまずはここまで。

Windows 8 で、wi-fiのプロファイルを作り方、削除仕方

Windows 7 まではまだ、

「ワイヤレスネットワークの管理」

という機能があり、この中で、今までつなげたことがあるwi-fiの設定が入っている。

この中で、追加や削除、接続の優先度などを変えることが出来る。

それがWindows 8ではなくなっている。。

どうも、公式を見ると、コマンドプロンプトで管理しろということらしい。。

不親切にもほどがある。。

と言っていても仕方ないので

コマンドプロンプトでのやり方を調べてみる。

  • wi-fiプロファイルの追加

タグ 値
filename – プロファイルの XML ファイル名。
interface – インターフェイス名。
user – ユーザーのスコープです。すべてのユーザーまたは現在のユーザーです。

  • wi-fiプロファイルの一覧

  • wi-fiプロファイルの削除

タグ 値
name – 削除するプロファイルの名前です。
interface – インターフェイス名です。

  • wi-fiプロファイルのセキュリティーキーを確認する

参考

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/manage-wireless-network-profiles