git

昔からWindows上でUnixのコマンドを扱える環境として

Cygwinがありました。

当時というか、ちょっと前まで、レジストリに何か設定を残したりしてて

うれしくない、ということで、最近はマシンスペックも高くなってきていたので

VMでUbuntuを使うようになっていました。

けど、Windows上でもgitコマンドが使いたい、と言うことで

git for Windowsというのを使ってました。

これはま ...

git

git for windowsは、まだ完成とは言い切れない(日本語環境で使うには)というイメージがあり

実際にコミットメッセージをコマンドラインで入力する方法でコミットすると

他の環境ではそのコミットメッセージが化けて見えたりします。

ということで、化ける原因を解消したいので

エディタを別のものに変えてみます。

gitには設定でエディタを変えるという事が出来るようになっているので

その設定を変更してみます。

git

git logでツリー状の良い感じの表示を実現するコマンドオプションをエイリアスに登録する。

Ruby on Rails 4

config/environments/production.rbファイルの中の

config.log_level

:debug

を設定します。

Ruby on Rails 4

Rails 3.x 以降でセッションのIDを得る方法が

session.session_idでは無くなったようです。

 

WordPress

ソースコードの表示今までだと若干見にくい感じになっていたので、プラグインを入れ替えてみました。

SyntaxHighlighter Evolved

インストールするには、単純に

Wordpressの管理画面のプラグインと言うところで

新規追加ボタンを押してプラグインの検索に「SyntaxHighlighter」と入力して検索するだけで

一覧に表示されます。

ここから、インストールをクリックするだけで入れることが出来ます ...

git, 開発

複数人でgitリポジトリを管理しており、ほかの誰かがリモート上のあるブランチを削除した場合

ローカルリポジトリ上で

とやると、消されたはずのブランチが出てきてしまう。

さらに、ここで

とやってみても

という感じでエラーが出てしまう。

こんな時は

というコマンドをたたいてやると、リモートの状態を再度取得してくれる。

ちなみに、pruneというのは取り除く、とか切り取る、とかそんな雰囲気の単語 ...

Scala

Scala IDEが便利になった。

というより、Eclipse同梱版が出来て、楽になった。

Scala IDEは、Scala2.10.x用の環境で、Scala 2.9.x以下を使っている場合は使えないようです。

※Scala IDE上ではScala 2.10.xが動くけど、コマンドラインでは2.9.xという感じでは使えるかと思います。

Scala IDEは、ベースがEclipseなので、Windowsの他、Mac OSとLinux上で使えるよ ...

ubuntu

Ubuntuのデスクトップは標準では使いにくいので、どうせならMac OS風にして見よう、と思ってやってみます。

Mac OS風になる物はいくつかあるようですが
今回はGlx-Dock/Cairo-Dock
という物を使ってみます。

インストールはパッケージ管理でちょこちょこっとコマンドを叩くと入れられるようです。
では、オフィシャルページにあるインストール方法を実行していきます。
※ここでは、Ubuntu Serverではなく、通常 ...

PC関連, Windows

Windows 7 まではまだ、

「ワイヤレスネットワークの管理」

という機能があり、この中で、今までつなげたことがあるwi-fiの設定が入っている。

この中で、追加や削除、接続の優先度などを変えることが出来る。

それがWindows 8ではなくなっている。。

どうも、公式を見ると、コマンドプロンプトで管理しろということらしい。。

不親切にもほどがある。。

と言っていても仕方ないので

コマンドプ ...