Scala

No Image

Scala IDEが便利になった。

というより、Eclipse同梱版が出来て、楽になった。

Scala IDEは、Scala2.10.x用の環境で、Scala 2.9.x以下を使っている場合は使えないようです。 ...

Scala

No Image

import scala.utl.Random

val a = List(1,2,3)
val b = List(4,5,6)

val c = a ::: b

val rand =

Play framework2

No Image

Play frameworkを本番環境にデプロイする場合に、PIDファイルを別の場所に置きたいなと思ったりします。

デフォルトだとプロジェクトディレクトリの直下にRUNNING_PIDというファイルが作成されます。 ...

Scala

No Image

Apacheのログから、各IPからのアクセス数を集計して、多い順にソートして表示するスクリプト
val apacheLog = new File("access.log")

/*
 * ...

Play framework2

No Image

Play Framework 2.0系のプロジェクトで、リクエスト毎にログを出力するような設定をした場合、ログファイルをローテートしたくなったりします。

場合によってはlogrotateの設定でやったりもします。

Scala

No Image

前回、Scalaでちょっとスマートにファイルを読み込んでみるで、defで定義した物を、case classに変えてみました。
case class StringFileInput(file: File)(f: Buffered ...

Scala

No Image

val keyChars = ((‘a’ to ‘z’) ++ (‘A’ to ‘Z’) ++ (‘0’ to & ...

Scala

No Image

Scalaだと、テキストファイルなどを開く時は
//ファイルを開いてインスタンスを得る
val src = Source.fromFile(currentFile)

//ファイルの行をforeach

Play framework2

No Image

リクエストを受けた直後のアクションについては

/app/Global.scala

というオブジェクトのファイルを作り

GlobalSettingsを継承します。

このGlobalSett ...

Play framework2

No Image

Play Frameworkはなんか、デフォルトで正常に動いていると、ログが少ないなと思ったりします。

正常に動いたように見えても、データがおかしいのを拾っている場合もあります。

そんな時は、どんなSQLが叩か ...

Play framework2, Scala

No Image

これは、Play Framework で使用しているAkkaのデフォルト設定による物で、ボディパーサのタイムアウトが1秒に設定されています。

retrieveBodyParserTimeout = 1 second ...

Ruby, Scala

No Image

Rubyでは

.each_with_index |value, index|
p "#{index}番目は#{value}です"
end

というような書き方が出来ます。

Scala

No Image

Rubyにはrvmがある。

Scalaにはsvmがある。

ということで、svmを入れてみたいと思います。

ここから、cloneかzipファイルをダウンロードします。

展開した所にsvmが ...

Play framework2

No Image

application.confには前環境で共通の内容を設定
prod.confには、本番環境用のみのものを設定

という感じで、本番と開発で設定を分けたいなと思います。

これを実現するには

...

Scala

No Image

今回のお題は
プログラムをやってて、ある程度数値をいじる方にはもう一般的な事かもしれませんが

四捨五入です。

Scalaで。

わかりやすいように例を挙げますと

画像サイズを比率を ...

Play framework2, Scala

No Image

APIDOCとか、Documentをみたら、分かる事ではあるが、はまりやすいので書いておく


とした場合に

action1を叩いてからaction2を叩くと
セッションの情報がtest2 ...

Play framework2, Scala

No Image

Scalaの開発をVMで行っているわけでありますが

素のPlay frameworkだと、色々やってるうちにメモリを浪費してしまうようです。

メモリリークでは無いけど、必要なメモリをどんどん確保してしまうみたい ...

Scala

No Image

とかやりたい時に、そのままやってもエラーになってしまうが

を書いておくと、上記の書き方が出来るようになる

※補足
sbtでプロジェクトを管理している時にApache Commons IO

Play framework2, Scala

No Image

Play frameworkは便利ですが、そのまま稼働させたい時などにわざわざ

なんて打ちたくありません。

でも、playコマンドにそのままstartと引数を付けて叩くと、コマンド一発で起動する事が出来ま ...