cronの設定

設定方法

cron編集用コマンドを実行

以下のような書式で実行するタスクを登録

フィールド 指定可能な値
各行の最初の数値5つは左から順に以下の意味があります。

0-59
0-23
月内日 1-31
1-12 (もしくは名前)
曜日 0-7 (0 と 7 は日曜日)

リストと範囲
各フィールドには、リスト形式で複数指定したり、範囲を指定したり出来ます。

リスト 分のエリアに「0,15,30,45」と設定すれば、15分おきに実行します。
範囲 曜日のエリアに「1-5」と設定すれば、月曜日~金曜日に実行します。
共存 時のエリアに「9-17,20」と設定すれば、9時から17時と20時に実行します。
間隔値 時のエリアに「1-5/2」と設定すれば、1時、3時、5時に実行します。

サンプル

  • 1時間ごとに実行
  • 毎日5時に実行
  • 毎週日曜日の1時に実行
  • 毎月1日の1時に実行
  • 12月31日の19:00に実行

cronのログを有効に

cronのログは、CentOSではデフォルトで出力が有効になっているが

Debianの場合は無効になっている(場合がある?)

ので、ログを出したいときは有効にする

以下のファイルを開き

/etc/syslog.conf

の行のコメントを外す