Docker, VMWare, VMware, Windows

最近、MacとWindowsの両方で似たような環境を作って作業することが多くなった訳ですが、どうもMacと比べると色々とWindowsの場合は開発環境といった面では劣る部分が多いというのを改めて感じました。

ただこれ、Windows10は開発用途以外の場合、結構使いやすいOSだと思っています。

自分の場合はノートPCでタッチ画面付きのものなので、マウスが無くても、サッと画面をタッチできたりして便利です。

ブラウジング用途でも手でスクロール出来る&拡大縮小 ...

VMWare

VMware Workstation Player (旧称 Player Pro)

リリースノート

一番大きな変更内容は

Run Windows 10 as a virtual machine
Run Windows 10 as a host operating system

あたりかな。

その他、新たにサポートされるOS(バージョン)

Ubuntu 15.04
Fedora 22
CentO

VMWare, Windows

VMware Player 7がリリースされていました。

今回のリリースでは

新しいオペレーティング システムのサポート
次のゲスト OS が新たにサポートされるようになりました。

Windows 8.1 Update
Windows Server 2012 R2
Windows 10 Technical Preview (試験的サポート)
Ubuntu 14.10
Red Hat Enterprise Linux 7
C ...

VMWare

VMWare Player 6がリリースされたようです。

Windows 8に正式に対応し、ストアアプリもユニティメニューから呼び出せるようです。

さて、vmnetcfg.exeを使いたいと言った場合

VMWare Workstationの対応バージョン(VMWare Player 6の場合はVMWare Workstation 10)のインストーラを入手出来る方に限られますが

VMWare Workstation 10のインストーラを手動で ...

VMWare

VMwareの仮想マシンはその仮想マシンが使うディスクを仮想ディスクとしてファイルとして保存されています。

この仮想ディスクのファイルは、VMwarePlayerなどで作った場合、だいたいは最初はごく少量の小さいファイルですが

OSをインストールしたり、アプリをインストールしたりすると、それなりに大きなファイルとなってしまいます。

そこで、仮想マシンの中身をダイエットしようと思ってアプリを整理したり圧縮したりしても

仮想ディスクのファイル容量 ...

VMWare

VMware ESXi 5.1上の仮想マシンのディスクを変換出来るのか?

と思って調査してみました。

まず、VMware ESXi 5.1にアクセスするために

VMware ESXi 5.1にSSH出来るように設定する必要があります。

VShere Clientを開き、サーバの構成の中から「セキュリティプロファイル」を選択します。

サービスのプロパティを開き、SSHを開始します。
同様に、ESXiシェルを開始しま

VMWare

なんか難しいお題ですが

ようは.vmemという拡張子が付くファイルを生成せずに仮想マシンを実行するという話です。

この.vmemという拡張子が付くファイルは、仮想マシンの設定のメモリ量に応じてサイズが増えます。

2Gのメモリを指定したら、このファイルも2G。

さすがに2Gともなると、ファイルアクセスでずいぶんとパフォーマンスが削られてしまうので

この2Gの.vmemファイルを作らないで仮想マシンを実行したいと思います。

VMWare

VMware Player 5.0がリリースされたみたいです。

変更内容が以下のようです。

ウィンドウズ・ベースのユーザ・インターフェースへの改良
仮想デバイスの改良
VMware Playerの非商用利用ライセンス
ネットワーク・アダプタを形成?

あとは、VMware Workstation 9で改良された部分もあるようなので、それも取り込まれているはずです。

で、早速入れてみたら、vmnetcfg.exeが取り出せません。 ...

VMWare

主な新しい修正としては

VMware SCSI デバイスでの メモリーへのチェックされていない書き込み

ということで、バグフィックスのようです。

VMWare

VMwareで、ゲストOS上のアプリのショートカットをホストOSに作るという機能は

Mac OS X用のVMware fusionで最初に導入されたような気がしますが

それがVMware Playerで実装されていた。

やり方としては

ゲストOSを起動

ユニティモードにする

スタートボタン付近にマウスを持って行くと現れるメニューから該当のアプリケーションを見つけろ

そのアプリケーションのアイコンをディスクト ...

VMWare

主な新しい修正としては

Ubuntu 11.10 is supported as a host.
Fedora 16 is supported as a guest.

 

VMWare

VMware Playerなどで、別のOSをインストールして使用している場合、

環境によってはレジュームで復帰したタイミングで処理を走らせたい場合がある

たとえば、UbuntuをゲストOSとした場合で、
apacheのdocrootを/mnt/hgfs/(ホストOSのフォルダを共有)で共有したディレクトリに指定してたりする場合、apacheの再起動が必要になる。

このような場合、

/etc/vmware-tools/scripts

Solaris, VMWare

VMware PlayerにSolaris 11をインストールしてみたくなった。

入れる目的は、zfsの調査。

あと、適当にrubyのメモリリーク調査用とかに使おうかなぁ程度。

ということで、まずはインストーラをダウンロードする。

Oracleのホームページにあるダウンロードから

Oracle Solarisをクリック

そこから、Oracle Solaris 11を探して、ダウンロード。
sol-11-exp- ...

VMWare

先日、VMware Workstation 8.0がリリースされました。

そのVMware Workstation 8.0には、VMware Player 4.0が同梱されていましたが

VMware Player 4.0単体でのインストーラはまだでした。

ですが、やっとリリースされたようです。

ダウンロードはこちらから

VMware Player 4.0で新しくなった部分は

インストールの変更と拡張キーボード

このバージ ...

VMWare

VMware PlayerでBIOS画面を出すには

F2を押す

だが、タイミングを間違えるな。

準備はVMware Playerをまず起動する

次に仮想マシンを開くで、該当のVMを選ぶ

仮想マシンの再生ボタンを押して

VMwareのスプラッシュが消えたらF2を連打

これでBIOSに入れる

Linux, ubuntu, VMWare

VMwareでubuntuを動かす。

とりあえず、ubuntuのサイトから最新版のインストーラをダウンロードしてみる。

ダウンロードは

最新版は11.04らしい。が、今回は10.04を使用する。
※11.04は、VMware Playerのクライアントにするには、新しすぎるようで、共有フォルダ機能を使おうとするとイリガルシークエラーが発生してしまう。そのうち使えるようになると思う。

ダウンロードが完了したら、VMWareで新規仮想マシ ...

CentOS, VMWare

VMware 上でCentOSを動かす上で、不要なサービスを起動しないようにすることで消費リソースを少なくすることが出来る。

apmd
bluetooth
cupd
hidd
hplip
irda
isdn
mcstrans
yum-updatesd

VMWare

VMware Serverなどで、ゲストOSの起動時にUSBドライブを自動接続するには

VMWare

vmware で ビープ を 消す

VMWare

VMware Player 3.1がリリースされたようです。

リンクはこちら
何が変わったかと言いますと、

32 ビットおよび 64 ビット オペレーティング システムの新規サポート
オペレーティング システム ホストおよびゲストのサポートUbuntu 8.04.4ホストおよびゲストUbuntu 10.04ホストおよびゲストOpenSUSE 11.2ホストおよびゲストRed Hat Enterprise Linux 5.5ホストおよびゲストFedora 1 ...