VMware ESXi 5.1で仮想マシンのディスクをシックプロビジョニングからシンプロビジョニングに変更する

2012年9月21日

VMware ESXi 5.1上の仮想マシンのディスクを変換出来るのか?

と思って調査してみました。

まず、VMware ESXi 5.1にアクセスするために

VMware ESXi 5.1にSSH出来るように設定する必要があります。

VShere Clientを開き、サーバの構成の中から「セキュリティプロファイル」を選択します。

サービスのプロパティを開き、SSHを開始します。
同様に、ESXiシェルを開始します。

これで、VMware ESXiにSSHでリモートログイン出来るようになります。

TeraTermProからログインしてみます。
※お好きなターミナルで

チャレンジレスポンス認証を選択

これで、VMware ESXiのログイン情報を使って、ログインしました。
cd /vmfs/volumes
とすれば、データストアのあるパスにいけます。

あとは、ディスクをシンプロビジョニングにしたい仮想マシンまでたどっていきます。

仮想ディスクを変換するためのコマンドが

vmkfstools

となります。

仮想ディスクをシンプロビジョニングにするコマンドは
vmkfstools -i /vmfs/volumes/path/to/disk.vmdk -d thin /vmfs/volumes/path/to/disk-thin.vmdk
となります。

-iで、元になる仮想ディスクを指定、-dでシンプロビジョニングにする指定

あとは変換後の仮想ディスク

以上で、シックプロビジョニングの仮想ディスクからシンプロビジョニングに変換出来ます。

アンケート

VMWare

Posted by GENDOSU