CentOSで起動しているサービスを管理する

CentOSで起動しているプロセス(サービス)を管理したい。

登録されているサービスを一覧表示する

サービスとして登録したい

登録しただけではOS起動時に自動的に起動しないので、自動起動を設定する

自動起動しないように設定する

サービスを削除する

awkで行数指定でファイルからあ行を抽出する

  • ファイルの1行目のデータを抽出する

  • ファイルの1行目~10行目のデータを抽出する

  • ファイルの1行目と5行目を抽出する

JavaScriptで、imgタグのwidthとオリジナルの画像のwidthを簡単に取得する方法

JavaScriptでフツウに画像サイズを取得する場合

<img src=”https://gendosu.jp/wp-content/themes/twentyten/images/headers/cherryblossoms.jpg” width=”470″ height=”99″ id=”image”>

といった感じですが、オリジナルの画像サイズは940×198なので、そのサイズがとりたい。

という場合ですが

という感じで取得出来ます。

いまさらながら、古いJQuery(1.8以前)で$.browser.msieとかやっていた人に贈る

1.8以前のJQueryでは$.browser.msieという判定でIEとそれ以外の処理を分けていたりしました。

これがJQuery1.9以降は出来なくなります。

ということで、JQuery1.9以降でこのような判定に近い事が出来るかどうかを考えてみます。

まず、JQuery1.9では、browserが削除されます。

それにかわって、supportを使えという感じに書かれています。

このsupportというのは、ブラウザ毎に分けるのでは無く、ブラウザが対応している機能ごと、実装ごとに判定しようというメソッドのようです。

たとえば、$.support.opacityは、opacityによる透明度を指定する機能を実装しているブラウザであればtrueが返ってきます。

このsupportの判定機能を組み合わせて、MSIEであるかを判定してみます。

おおよそ、MSIEを区別する必要性がある場合、IE6IE7IE8を対象にすると思うので

この場合を想定します。

このIE6IE7IE8は、opacityが実装されていないので、この値で判定します。

と言う判定は

で代用可能かと思われます。

Jenkins on Ubuntuな環境で、テストのログが文字化ける

どうやら、ログをUTF-8として扱ってくれないのが原因のようなので

/etc/default/jenkinsに設定を追加します。

Jenkinsがファイルを参照する時に効いてくる設定は

file.encodingで、ここにUTF-8を設定してやればUTF-8としてファイルを読んでくれます。

ということで

JAVA_ARGS=”-Dfile.encoding=UTF-8″

という設定を追加してみました。

あとは

sudo service jenkins restart

としてJenkinsを再起動すれば、以降実行されるテストについては日本語表示が正常に表示されるようになると思います。