ARROWS X LTEのバッテリーを持たせるために、手っ取り早く出来ること

ARROWS X LTEを買って1ヶ月、やはり電池の持ちが気になるので

いらない物をウィジェットから外したりしてみる。

まずは、パーソナルエリア

ホーム画面のオプションから、パーソナルエリアを非表示に設定

ARROWS X LTEに関する記事を見ていると、Contents headlineというのがやばいらしいので

とりあえず、ウィジェットとして置いてないことを確認し(置いてあったら削除)
アプリケーション管理からContents Headlineを探しだしてデータクリア

ARROWS X LTEにはホームアプリが3つ入っている
普段は2つは起動していないが、なんとなく、そこに入っているウィジェットが悪さをしそうな気がするので
ホームアプリを順に起動していき、ウィジェットをすべて削除

歩数計は

健康のため、歩数を確認したいのでOFFにはしない。

縦横自動も、良く横表示にしたりするので、OFFにはしない。

あとは、先日、ホームアプリがバージョンアップしたらしく、それを入れたら

ホームのモッサリ感がなくなった。

横スライドもスッと行って直後にアイコンタップして反応するし

改善されてます。

あとは、バッテリー。。。

これも少しは改善されているんでしょうか、若干持ちが良くなった気がしますが、真相は分かりません。

 

[Android]ARROWS X LTEをadbで接続する

先日、携帯をARROWS X LTE(F-05D)に買い換えたので、その携帯でAndroid開発をすべく、adb接続させた時のログ

まず、買ってきた当日、データ移行のために何も設定をいじらずにPCに繋いでみた。

すると、何もエラーもなく繋がった。

MicroSDをマウントするときは、
ARROWSの方で通知エリアにUSB接続という項目が出るので、ここを押してマウントする。

が、今回はadb接続なので、ARROWSの方で、USBデバッグをONに設定する。

手順は、まず、

  • ドライバをダウンロード
  • ドライバは、http://developer.android.com/ の中のSDKページで、「OEM USB Drivers」をクリック
  • Fujitsu のところのURLをクリック
  • F-05Dのドライバをダウンロード
  • 適当な場所にドライバを展開しておく
  • ARROWSをUSBから外す
  • メニューの「本体設定」-「アプリケーション」-「開発」-「USBデバッグ」をONにする
  • USB接続する
  • PCにドライバのインストールをするメッセージと、それに続いて(おそらく)ドライバが見つからないというメッセージが出る
  • デバイスマネージャからARROWSのデバイスを探し、ドライバの更新を行う
  • ドライバは、先ほどダウンロードした物を選択
  • adb_usb.iniの編集
    C:\Documents and Settings\<ユーザー>\.android\adb_usb.ini
    を開き
    0x04C5
    という行を追加。
  • adb再起動
    adb kill-server
    adb start-server

場合によっては、ドライバのインストールメッセージと、ドライバが見つからないというメッセージが出ない場合がある。

このような場合、ARROWSが大容量記憶装置として認識されてしまっている。
確認方法は、USBの外部メモリ類はすべて外しておく
ARROWSを繋ぐ
すると、デバイスマネージャのユニバーサルシリアルバスコントローラのところに
USB大容量記憶装置というのがある

このような場合、このUSB大容量記憶装置をデバイスマネージャから削除してARROWSをつなぎ直すと、正常に(?)ドライバが見つからないというメッセージが出る

その後、上の手順でドライバを更新することでadb接続ができるようになる。