VMware Playerでubuntuを動かす

VMwareでubuntuを動かす。

とりあえず、ubuntuのサイトから最新版のインストーラをダウンロードしてみる。

ダウンロードはhttp://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download

最新版は11.04らしい。が、今回は10.04を使用する。
※11.04は、VMware Playerのクライアントにするには、新しすぎるようで、共有フォルダ機能を使おうとするとイリガルシークエラーが発生してしまう。そのうち使えるようになると思う。

ダウンロードが完了したら、VMWareで新規仮想マシンの作成を開く

簡易インストールが出来るが、これを選択するとせっかくの日本語版インストーラなのに英語版でインストールされてしまうので、「後でOSをインストール」を選択する。

Linuxを選択

名前を適当に付ける

ディスクのサイズを指定する。

あとで拡張したりするのが面倒な時は、ある程度の大きさを指定しておく。

いろいろな環境に持ち運んで使ったりする場合は、ディスクを複数のファイルに分割するを選ぶと楽できるかも。ただし、少しアクセス遅くなるかも。

次に、ハードウェアのカスタマイズを選択して、マウントするisoファイルを指定する。

作成を完了し、仮想マシンの再生を押す。

自動でubuntuのインストールが始まるので、最後までインストールを進めるとubuntuのインストール完了。

VMware toolsのインストール

インストール中に作ったアカウントでログインしておく

ubuntuの起動しているVMwareのウィンドウのメニューにある[仮想マシン] – [VMware Tools]の再インストールをクリック。

ドライブがマウントされるので、そこのファイルを確認。

ターミナルを開いて、一時フォルダを作成する

VMware Toolsを解凍する。

tar xvfz /media/VMware Tools/VMwareTools-8.4.6-385536.tar.gz

VMware Toolsをインストール実行

聞かれるオプションはデフォルトのままで問題ない。

これで、セットアップ完了。

VMware Playerで起動するに当たって必要のないサービスを停止する

サービスの管理にはsysv-rc-confが必要なので、インストール

sudo apt-get install sysv-rc-conf

sysv-rc-confを起動

sudo sysv-rc-conf

以下のような画面が表示される。

この中から不要なサービスを停止していく。

画面上部のserviceの番号はランレベルで、以下のようになっている

0 システム停止
1 シングルユーザモードでの起動
2~5 通常起動
6 システム再起動
s シングルユーザモードでの起動

を表します。

今回停止する候補は

  • bluetooth
  • dns-clean
  • pppd-dns
  • saned
  • speech-dispatcher

これらの、ランレベルが2~5のXをスペースボタンを押して取り除きます。

取り除いたら「q」を押してsysv-rc-confを終了

あとはマシンを再起動すれば、不要なサービスは起動されない。

sed で、ファイルの中身を一括して置換する

sedを使ってファイルの中身を一括して置換する時の書き方

ファイルには

id,携帯電話番号(ハイフンなし)

[text]1,09000000000
2,09000000001
3,09000000002[/text]

という感じで入っている

これを、

[sql]update users set mobile_phone = ‘[携帯電話番号(ハイフンあり)]’ where id = [id];[/sql]

という形に変換したい。

[shell]sed -e "s/\([^,]*\),\([0-9]\{3\}\)\([0-9]\{4\}\)\([0-9]\{4\}\)/update users set mobile_phone = ‘\2-\3-\4’ where id = \1;/" 電話番号.csv[/shell]