FreeNASのコンソールで、日本語のファイル名を表示出来るようにする

FreeNAS 8.3.1をインストールして、ある程度使い慣れてくると

コンソールに入ったりして作業するようになると思います。

ここで、Windows ファイル共有とかでファイルをおいてた場合、日本語ファイル名がコンソールに表示されないのです。
[shell][root@freenas] /mnt/data/hoge# ls -l
total 5
drwxr-xr-x 3 hoge hoge 3 Jul 24 18:59 ./
drwxr-xr-x 4 root wheel 4 Jul 24 18:44 ../
drwxrwxrwx 2 hoge hoge 2 Jul 24 18:59 ??????????????????/[/shell]
という表示になります。

これを解決するには・・・

今回はrootで入っているので

rootの.cshrcを編集します。

rootの設定ファイルは、read-only属性の領域にあるので、その領域をまずは書き込み可能に設定します。
[shell][root@freenas] /mnt/data/hoge# mount
/dev/ufs/FreeNASs1a on / (ufs, local, read-only)[/shell]
この「/」という所を書き込み可能に設定します。
[shell]mount -uw /[/shell]
そうすると
[shell][root@freenas] /mnt/data/hoge# mount
/dev/ufs/FreeNASs1a on / (ufs, local, soft-updates)[/shell]
このように変わります。

そしたら
[shell]cd ~
vi .cshrc[/shell]
とコマンドを叩き

ファイルの末尾に
[shell]setenv LC_CTYPE ja_JP.UTF-8
setenv LANG ja_JP.UTF-8[/shell]
を追加します。

最後に
[shell]mount -ur /[/shell]
とやってread-onlyに戻して完了です。

Select-links 4.3というマルウェアに取り憑かれたら・・・

Select-links 4.3 というマルウェアが結構出回っているようです。

海外のフリーウェアとかをインストールする時に、インストーラの説明に書いてあったり

問答無用にインストールされたりします。

症状としては、「お使いのPCがクラッシュ寸前です」とか「お使いのパソコンの性能が低下しています」
とか、このような広告が表示されるようになります。

で、これを消す方法ですが

Select-links 4.3の消し方」というワードで検索すると色々出てきます。

が、どれも中間経路(レジストリやらプラグイン無効化程度)を絶つくらいの対処法で
本体を消したい!

ということで、Windows 7の場合ですが

コントロールパネルのプログラムの追加と削除

と言う所にあれば、まずそれをアンインストールします。

これでも残っている場合ですが

C:\Program Files (x86)\OApps

というディレクトリが出来ていると思います。

この中の~uninstなんとか(すいません、正式名忘れました)というuninstall用の実行ファイルがあるので

これをダブルクリック。

これでChromeの機能拡張からも消えるはずです。

Githubにmsysgitで接続

bad permissionsエラーで接続できない

以下のようなメッセージでエラーが出て接続できない場合で
[text]@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@         WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!          @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Permissions 0640 for ‘/Users/xxx/.ssh/id_rsa’ are too open.
It is recommended that your private key files are NOT accessible by others.
This private key will be ignored.
bad permissions: ignore key: /Users/xxx/.ssh/id_rsa
Permission denied (publickey,gssapi-with-mic).[/text]

  • 過去にCygwinを入れた
  • 現在入っている

などの場合、そちらの設定が有効になってしまうため、不具合が起きていると思われる
msysgitを使う場合、CygwinをアンインストールしAppDataの中からもC:ドライブ直下からもすべて削除し
レジストリからもCygwin情報を削除する事でうまくいく事がある
削除するキーが登録されているところは

  • HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Cygnus~
  • HKEY_CURRENT_USER/Software/Cygnus~

Cygwinとの共存方法

先日メールでいただいた解決方法があったので、載せておきます
http://at-aka.blogspot.com/2009/10/msysgit-ssh.html
記事によりますと、

原因を一つに絞り込めていないのだけど、次の作業を行なったら不具合が解決した。

  1. Windows の環境変数「CYGWIN」を削除した
  2. Windows の環境変数「HOME」を削除した

とのことで、Cygwinの環境変数が影響していたということでしょうか。