「技術を持っている」と言う事と「技術を使っている」と言う事の違い

エンジニアの世界では

よく、○○の技術を持っている、経験しているから大丈夫だろう、と言う想定の上で採用活動をする。

だけど、技術を持っている、と言うのは、現在進行形ではない場合もあり、その場合は作業者としては使えるけど、開発チームのリーディングには向かない可能性が高い。

何を言いたいかと言うと、技術の鮮度の問題で

例えば、Rubyであれば、Rubyの最新バージョンが現在2.4で、Railsが5です、と言う時にRuby経験あり。Ruby1.8、Rails2やってました。といった人が来てもある程度は作業は出来るかもしれないけど

Railsの2から5になるまでにどんな変更が入っていて、それによってどんなコーディングをしたらいいのかと言うのが理解出来ていないので、採用をしても最新環境をキャッチアップするまである程度時間がかかる。

と言う話と、過去にRailsをやっていて、なんらかの別のプロジェクトに入り、疎遠になった状態の場合、またRailsをやる環境へ戻ってくるまでの間に、
Railsの最新のキャッチアップが出来ていない=Railsに対するモチベーションが低い
という事が言える。

これが技術を持っている、と言う表現。

技術を使っている

と言うのはそのままで、今現在その技術を使って何かしらやっています、という事。

仕事上のメインのプロジェクトで使っていなくても、常にキャッチアップしており

いつでも使えます、鮮度保ってます、という状態。

少人数のチームで採用をする場合、

特にこの、技術鮮度が新鮮な、「技術を使っている」人材を選ぶ事が重要。

プロダクトには共感があり熱意があるけれど、採用している技術要素についての熱意がなければ

そのプロダクトはエンジニアリングがうまく回らなくなっていく可能性が高い。

若手を採用する場合にも、ポテンシャルの中に、技術要素に対する熱意が持てる人材であるか?というのを含める必要がある。

リソースに余裕があれば、別の技術要素を選定して、といった話もあるかもしれないが、それは別の機会に。

 

野良猫と飼い猫(エンジニアの話)

エンジニアの世界での野良猫と飼い猫の話

どちらが幸せなのか?と言うのは人によってそれぞれだとは思うのだけど、
と言う断り書きをしつつ、ちょっとエンジニアを猫という生き物にたとえてみる。

野良猫(フリーランス・ベンチャー・起業・独立系)

エンジニアの世界だと野良猫はフリーランスや、ベンチャーに勤める、いわゆる大企業ではないところで働くエンジニアだと思っている。

ポイントは

  • 自由(リモートOK)
  • 挑戦が出来る(言語選定・技術選定etc)
  • うまく立ち回ればすごく贅沢が出来る

当然、リスクは多い

  • 車に轢かれることもある(大手競合に目を付けられてフルボッコにされる)
  • ご飯に有り付けないこともある(赤字)
  • 行き倒れる事も多々ある(倒産)

環境としては

mac指定とかはあったりするけれど

それ以外は、プロダクトにコミット出来るのであればなんでも構わない、といった環境が多い。

 

飼い猫(中〜大企業・大手)

飼い猫はエンジニアの世界で例えると、中〜大企業や、大手、Sierなど。

こちらの場合のポイントは

  • 家の中は快適
  • ご飯病院通い完備(保険、福利厚生)
  • 大きな挑戦は出来ない
  • 遊びたくて走り回ったりすると怒られる
  • じわじわと去勢される
    最悪、家に入るときに去勢される(社畜化)
  • 変なタイミングでおやつもらえたりするから、太る(怠ける)

こちらの環境としては

割とwindows指定が多く、さらに開発環境も固定され(java, eclipse only など)、新技術要素を検証するにもネットワークにプロキシがかかっており流行りのサービスや技術を試すためにいらぬ努力をしなければいけない。部門外の技術要素検証とかしようとすると、な、それってどこに必要なんですか?と聞かれる。結果、平のエンジニアは作業員として飼いならされていく。

飼い猫が家の外に飛び出す時

最初から飼い猫の場合、外の世界を知らないので、自分の周りの環境が自分の中の全てだと言う認識のまま生活する事が多い。

飼い猫が突然外に飛び出したくなる理由は、
挑戦して見たい事が出来た・リモートワークって楽そうだけど・起業って憧れる〜・などなど

でも、今のまま、ここにいては何も出来ない。環境を変えなければ!と思い立ち、外の世界に飛び出したりするわけだけど

リスクがあることはあまり意識していない場合があったりする。

リスクを知らないのと、野良猫の世界の厳しさを知らずに飛び出すものだから

野良猫流の立ち回りが出来ずに苦労することになる。

フリーランスは当然繋がりがなければ仕事を探すのにも苦労するだろうし

起業はそもそも会社の運営もしなければいけないので大変。

ベンチャーもリスクは付きまとう。

野良猫を拾った場合(スカウトして社員化)

逆に野良猫をいい子だから、という感じで飼い猫にしようとすると

家の中で退屈すぎてその猫にとっては死ぬほどつまらない人生になるかもしれない。

それが性に合う猫もいるかもしれない。

常に扉とか窓の前で外に出してよ〜と鳴き続けるしかない。

カーテン(プロキシ)がかかってたりしたら、外も見れなくて、
もう飼い主の言う事を聞いてる事がなくなる。

全てがこれに当てはまるわけでは無く・・・

当然飼い猫でも野良っぽくやらせてもらえるところもあるし

その逆もあったりするし

一概にこの2種類でまとめきれるものではないと言うのは理解しているつもり。

今は、そこそこの規模の家(企業)で、野良っぽくても良いよ、と言うところがちらほら出てきた。

これは、半飼い猫のように、たまに家に帰ってきて飼い主と遊び、またどこかへ出かけて外で遊び、と言うように

両者のいいとこ取りが出来る環境も少しではあるが出来つつあるように思う。

願わくば、そのような良い環境に自分も収まりたいと思うばかりである。

まとめ?

最近、両者の環境にほぼ同時に触れる機会があり

その事で、より自分がどちら向きかを肌で感じた。

新技術要素の検証とかは家でやれよ、とか言う意見がありそうだし、プロキシはセキュリティのために仕方ない、とか各言語ごとの特性があるゆえ、特性に合わせた環境を採用している、といった話とか十分承知の上で、それでも描いて見たくて書いてる次第。

野良猫寄りの人間から見た、エンジニアの世界の話。

 

 

今年の夏は暑い!そして、スマホも熱くなる!そんなときはこのタオルでサッと熱をとるといいかも

今年は暑くてたまらないですね。

そして、スマホライフも熱との戦いとなりそうです。

ゲームをするとさらに熱くなること間違いなしですね。

機種によっては熱によってすぐに機能停止になったりするのもあるようです。

また、ゲームなど割と長時間プレイする場合はバッテリーがもたずに充電しながらのプレイになるときも多々あるかと思います。

自分もそうです。

そして、充電しながらだと、非常に熱くなって持っているのもしんどくなるので、

スマホの両端をつまむようにして持ちながらプレイしてたりします。

そんなスタイルがちょっと辛かったので

なんとかして熱を取る事が出来ないか?と考えておりました。

扇風機に当てるのも良いけど

もう少しなんかさっと取れたりするといいなぁと。

で、ある日

冷感敷きパッドというベッドに敷くタイプの安眠グッズがあり

そこでスマホをスリスリしてみました。

そうしたら、驚くほどスマホの熱が冷感敷きパッドに吸収されて、スマホの体感温度がすごく下がりました。

それ以来、充電しながらスマホでゲームする場合は、冷感敷きパッドの上でスリスリしながらプレイしてます。

でも、外に出たときにも少しスリスリしたいなぁ。。。

ということで、今度はタオル状の冷感グッズを探してみました。

こんなのを見つけました。

これは、見たところ冷感敷きパッドと同じタイプの素材で作られているようなので

早速ぽちって見ました。

DSC_0212

※弱めのLEDスポットライトの部屋なので、色が変です。

このタオルは、表が普通のタオル生地になっていて、裏側が冷感素材になっていました。

なので、こいつの裏側で、熱くなったスマホをスリスリ。スリスリ、スリスリスリスリスリスリスリ。

た、確かに熱は取れてる。

スマホ持っても熱くない!

でも、一つだけ欠点を見つけてしまった。

タオルでスリスリしながらゲームプレイしてると、ゲームに実が入らない。。

まぁゲーム中以外でも発熱してきた場合に、このタオルでサッと熱を吸熱してスマホを冷ます事が出来るので

発熱でバッテリーが心配、なんて感じるときは使ってみるといいかも?と思いました。

あと、さすがに冷感敷きパッドのように広大な面積がある訳では無いので

瞬時に吸熱出来る熱量も冷感敷きパッドには負けます。

それでも試してみたい!という方は試してみてもいいかも?

以上

関連リンク

見やすさアップ。gendosu.jpのデザインを修正しました

実は、一つまえのgendosu.jpは、全体的に字が大きくて

お年寄り向けになっていた(おい!!)気がしたので

今回思い切って新しいデザインに変えてみました。

old-site

こんな感じから…….

new-site

こんな感じへ。

アイキャッチ画像も出るようにしました。

そして、なんかヘッダ周辺、最近っぽくないですか??

個人的にはなんか良い感じになったと思います。

検索もボタンが付いてわかりやすい。

レスポンシブなので、スマホで見てもタブレットで見ても

それらしく表示されます。

これでアクセスがアップ!

となれば良いのですが。

 

 

 

 

 

 

 

ま、ただのテーマ変えですが。。

Yahooボックスの無制限プランから移行されたプランがよい

以前、Yahooボックスで無制限プランが存在した頃、加入したのは良いけど色々不具合がたえなく、いくつかファイルも失い、今に至る訳ですが、無制限プランが終了するというタイミングで、プランに加入しているユーザー限定ではありますが、

yahooboxplan

という感じに

基本プランの容量が1.5TBに拡張されておりました。

今の所、基本プランの容量拡張プランが

Screenshot_20151217-191230

という価格設定なので、旧無制限プランの1.5TB追加は歪んだ状態と言えそうです。

おそらく、将来のどこかでOneDriveのようにプランの整理をするタイミングが来る気がします。

ですが、一時的にでも使えるのであれば使って行きたいと思っています。

Yahoo Box ディスクトップアプリが終了か(XP以前のWindowsで使えなくなるそうです)

先ほど、以下のようなメッセージ(本当はアラートだけど、目を疑いすぎてアラートが消えてログ漁った)が出てきた。

yahoobox

Yahooボックス ディスクトップアプリも終了か!!と焦ったものの、XP以前の環境で使えなくなるという事らしい。

いや、本当に焦った。

関連サイト:

Windows XP以前の基本ソフト(OS)をご利用のお客様へ

 

OneDriveの容量無制限撤廃について思うこと

以前、Office 365 SoloでOneDriveの容量が無制限に向っている

という内容で紹介したが、日本では正式に対応する(してなかったと思う)前に無制限が撤廃されることになった。すくなくとも、容量追加の申請画面へのリンクはなかったように思う。

関連記事:

OneDrive、容量無制限の提供終了、無料プランも15GBから5GBに縮小

OneDriveの容量削減はオンラインストレージの死につながるか? – 阿久津良和のWindows Weekly Report

Yahoo Boxも容量無制限プランを廃止しており、やはり無制限というのは、無理がある物なのであろう。

簡単に考えても

Office365soloの場合、月額およそ1000円相当で、ストレージが無制限に使えるなんて、利益になる気はしない。

とは思いつつも、Microsoftなら出来るという淡い期待はあった。今回の件で、改めて無制限は難しいというのが理解させられたように思う。

関連記事にあるとおり、自分も今までの撮影した写真や動画といったものは、今一度NASに入れようと思っている。一度NASのディスクが逝かれて、呆然とした過去があるので、今回はRAIDを組もうと考えている。

今のストレージ事情なら、3TBのHDDが1万円を切る値段で買えるので、Windowsの記憶域でパリティ(HDD3台で構成)にすればそこそこでかいストレージが完成する。

関連記事:

第14回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能

ベンチャー・中小企業における開発チームのあり方

どうも、GENDOSUです。

今回は今までの経験から、少しだけベンチャー・中小企業における開発チームについて思った事などを書きます。

ベンチャー・中小企業における開発チームで重要な事は

  • 短期間で動くものを作る必要がある
  • リーダー(CEO)の想像するものを理解し、形に出来る必要がある
  • 時には体力勝負
  • 開発メンバーは他のメンバーを信頼することが必要

まず
「短期間で動くものを作る必要がある」については、ベンチャーに限らずサービスを作っていく上で、競合よりも遅れてリリーする事は、その分野での先行優位性を失う事にほかならない。

「リーダー(CEO)の想像するものを理解・共感し、形に出来る必要がある」
これはメンバーがそれぞれCEOの考える未来を理解・共感できていなければ、少しの認識のずれから思いがけない意志の断絶が起きる可能性がある。

「時には体力勝負」
差し迫った締め切りを守れるかどうかという時には体力(気力)が重要になってくる。

「開発メンバーは他のメンバーを信頼することが必要」
ベンチャーは小規模から始める事が多く、その少ないメンバーの中で信頼できないメンバーがいる事はチーム崩壊を招く恐れがある。
また、メンバーとしては優秀であるが、人を信頼できないメンバーも同様のリスクがある。
すべての業務を自分が把握しなければいけないと思っている(各メンバーが皆そうであることが理想ではある)人が
他のメンバーを信頼できないことにより、タスクを抱え込んでしまい業務が集中し潰れてしまう事があるためだ。
さらには、信頼されないという事で他のメンバーのモチベーションが下がるという事も起こり得る。

これらはベンチャーの開発チームを立ち上げ・維持する上で重要な事柄であり、採用時には採用側・応募者側のそれぞれがお互いを見定めなければいけない。

採用側の視点で見ると、他のメンバーと技術レベルが近いか、その会社の雰囲気に合うか、人として問題ないか、プロダクトに共感しているか、将来像が想像できるか、などに比重を置く。
対して、応募者側としては、この会社のプロダクトに共感でき、10年後20年後まで自分が働いていけそうか(倒産するかしないか?という意味ではなく)、面接官だけではなくて、出来るだけ一緒に働く事になるメンバーとの接点を設けてもらう。その上でチームに馴染めそうかを確認する。
出来たら、数日実際の作業をしてもらいつつお互いが納得した上で採用が決まる事が望ましい。

という事を個人的意見として述べてみました。

次回、「ベンチャー・中小企業における開発チームの維持」

Yahoo ボックスの容量無制限プラン、やはりだめだった件

Yahooボックスの容量無制限プラン

以前記事にも書いたが、どうも挙動がおかしかったりしており

改善されない状態が続いていた。

先月か先々月あたりには、一度、マイボックスという

容量制限がある領域へ、容量無制限の領域からファイルを移動した(本当に移動で、容量無制限容量無制限の領域からは消えていた)ファイルが全部復活してしまい

どれが移動したものか、ぱっと見わからなくなり

もうあきれ果てて仕方ないので、つい最近まで見ないようにしていた。

※その間も月額はかかっている

で、久しぶりにのぞいてみたら

容量無制限オプションサービス終了のお知らせ
http://info.box.yahoo.co.jp/notice/importance/2015070101.html

という、やはり!!

という感じの展開になっておった。

これはもう9月まで無駄金を払い、そのまま1.5Gbの容量制限プランへ移行するという手しかなさそうだ。

まぁ移動したかしていないかは、マイボックスにあるということで、全部ローカルに同期させて

そこでごにょごにょ出来ると思うので、悪くはないか。

もう9月といわず今すぐ移動したいところだ。

容量無制限とは、蟻地獄であった。。

そこから抜け出せる方法が提示されたので良しとするか。

 

Evernote for i-modeが終了か

Evernote for i-modeが終了するようですね。

個人的にはお世話になったことがないですが

i-mode自体、Evernote自体はすごくお世話になってた(なってる)ので

なんか感傷深いというか、時代の流れを感じるなと思ったりします。

確かにEvernote使ってて、メモる内容とかリッチになっていく中で

i-modeで見たらズレズレ(想像)とかだったら使わなくなっていくだろうし。

仕方のないことなのかもしれないなと思う今日この頃。

でも、日本のモバイルの先駆者ともいえるi-mode。

お世話になりました。

Yahooボックスの容量無制限プランが使えない件

どうも、最近オンラインストレージを色々試しているわけですが

前回のMicrosoft Office 365 Soloを契約してみましたでもそうですが、OneDriveを1TBというのもそのいっかんというか

容量とかサービスとか総合的に見て最新版Officeが付いて容量1TBというのは

やはり他社にはない大きな利点だと思っています。

で、容量で言えばYahooボックスの容量無制限というのがあります。

これは月額690円で保存容量が無制限になるプラン。

が、スマホから限定とか、通常領域(マイボックス)が拡張されるわけではなく

別の無制限用のディレクトリが出来るイメージで

いまいちな感じがしてました。

が、容量無制限というのは美しい響きなので、契約してみました。

yahoobox

Powered by Pogoplug

となっております。

他社サービスを結合して使っているという部分が不安ではあります。

とはいえ、始めちゃったので、早速。

家のPCには、趣味柄、色々と撮影した動画やらビデオが多いため

これらをメインに無制限の所に移動しました。
※移動してしまった。。

PC上にインストールするタイプのYahooボックス同期ツール

これも使えないツールな訳ですが

これを入れてYahooボックスにのマイボックスに大容量ファイルを転送します。

DropBoxのように、フォルダに入れた物を自動的にサーバ側と同期してくれるツールです。
※してくれるはずだった

サーバに送りたいファイルをYahooボックスに移動します。

yahoobox_icon

このフォルダに入れると、自動でサーバに転送されるようです。

サーバ側に転送したファイルを、今度はスマホの画面からちまちまと無制限の方へ移動します。

ここまでは、結構つまづいたけどなんとか完了したわけです。

つまづいた内容はというと、容量無制限に移動すると、移動しているので

マイボックス側のファイルは消えるはずなのですが、残ってしまったり

残っているが故に、「最新の状態に更新する」という機能を選択すると

再度アップロードされてしまったり。
そもそも、最新の状態に自動でして欲しいんですが。

で、いざ無制限からYahooボックスの通常の方へファイルを移動してみようと思ったのですが

alert

こんなエラーがでて一向に移動もコピーも出来ません。

そう

なんか、ファイルの移動、コピーが一方通行な訳です。

たぶんファイルがでかいというのもあるかと思いますが

これでは、大切なファイルを人質に取られて

ひたすら月額690円を搾取されるだけのサービスとなってしまいました。

一応、移動・コピーが出来ないと言うことはお問い合わせの方へ連絡してありますが

返事の来ない窓口なので、もう個人としてはどうしようもありません。

少額ながら、有料なサービスなので、サポート窓口はわかりやすいところへ置いておいて欲しいものです。

690円を払い続けるか、涙をのんでデータを捨てるのか

どちらも安易には決断できない内容です。

どうしよう。

ワイヤレス充電パッドを頂きました。

今の職場を退職するという件で、

非常にありがたいことに、開発チームのメンバーの一人より

ワイヤレス充電パッドをいただいてしまいました。

以前よりNexus 5がワイヤレス充電に対応してるんですよね~みたいな

話をしていたので、それでチョイスしていただけたのかと思っています。

で、早速ですがまずは箱の方を

DSC_1885

そして、Nexus 5。

とくに見た感じワイヤレス充電に対応していそうな感じがしないですが

出来るようです。

DSC_1887

 

ワイヤレス充電パッドを準備してみます。

線は、MicroUSBではなく、ピン型のやつでした。

DSC_1886

 

早速乗せてみます。

充電できる機器を乗せると、最初オレンジ色に光ります。

充電できる機器を検知している感じです 。

しばらくすると、ワイヤレス充電パッドの方が、緑のランプがつくみたい。

DSC_1888

置く位置はあまりシビアではない感じです。

なので、寝室で寝るときに置く充電台として使う予定です。

あと、充電している最中は、結構熱くなります。

これは風通しの良い場所で使うのが良いかもしれません。

パーマリンク対応

今日は、このWordPressのパーマリンクを設定してみた。

URLが結構すっきりしたのではないかと思う。

たぶん、前のURLでもアクセスできるので

前々からリンクしていた人も問題なと思う。

焦りと不安

最近寝ても覚めても感じる感覚が、焦り、不安だったりする。

あまりこの手の感覚が持続すると鬱になるかもしれない。

もうなっているのかもしれない。

が、とりあえずふさぎ込むよりは原因究明をしてみようと思う。

  • まず仕事。
    仕事についての焦り、不安といえば、自分はよく色々なアイディアを頭の中で考えるのが好きなのだが
    それを実現する土台が今の会社にない。
    そうこうしているうちに、ほかの会社がそれをサービス化して、自分ならもっとこう考えるのに…とか思ったり
    もっとすごい形で実現してしまったりしてて、お~!こんな考えもあるのか!と感心したりもする。
    アイディアを形にするには、小さい物であれば良いのだが、ある程度の規模になると自分一人ではどうにも出来ない。
    出来ないが、かといっていまの会社にいてもどうにも出来ないのも事実。
    この辺のジレンマが不安と焦りにつながっていると思う。
  • 次にプライベート。
    プライベートは夫婦関係はハッピーである。
    が、不安要素をあげろと言ったら、子作り計画があるために専業主婦となっていること位か?
    自分だったら、家にずっといてTVやらパソコンやらを触ってると、だんだん空しくなってくる
    そして突然外で遊びたくなってくる。
  • あとはMMORPG。
    81Keysというオンラインゲームに夫婦で(笑)はまっているが
    これがおそらくプライベートでの何となく感じる不安につながっているかもしれない。

と、いくつか最近感じる焦りと不安についての原因になりそうなことを書いてみたが

こんな事ブログで書いてる事自体悩ましい。

ま、でも書いて現状を分析すると、色々見えてきたりもするので、自己満足OK。

あったかマウスパッド購入

最近、めちゃくちゃ寒くて、仕事をしてても、手がかじかんでくる。。

そのくせ、袖が邪魔なので、腕まくりしたりして、ま~アフォですが

なので、手が温かくなるマウスパッドを購入してみました。

091210-133203
USBでぽっかぽかマウスパッド USBHOT-F22

これ、イチゴ柄なのが、会社で使ってて恥ずかしいのですが、暖かいので我慢です。

あと一つ、マウスと共に手を入れると空間がイッパイイッパイになってしまって、

マウスを持ち上げてポジションをリセットする時なんかにマウスパッドが一緒に持ち上がって

なんか切ない状況になります。。

でもまぁ、暖かいので我慢です…。。

トラックボールな人とか、外付けタッチパッドな人とかだと快適に使えそうですね。

ラピュタの崩壊の呪文「バルス」はネットにも影響があるらしい

ラピュタは好きで何度か見てるが、

最後の方に出てくる崩壊の呪文「バルス」で、2chサーバが落ちているらしいというのを初めて知った。。

落ちる理由はともあれ、確かに崩壊の呪文である事は間違いないらしい。。

ところが、なんとtwitterはその崩壊の呪文をガードできたようである。

技術屋としては、落ちないサーバの構成なんて物が気になったりしますが…。

メモなんかをredmineのwikiに書くか、ブログで書くか迷い中

なんか、技術的なメモはブログで書くよりもwikiとかで書いた方が見やすいな~っていうのがあって

ん~、当分現状維持かな。

ただ、Ruby on Rails ラブなため、Ruby on Rails用のページと、それ以外の技術情報ページが分かれてるのが

あまり頂けないような気がしてきたので、ページ構成を整理する必要はあるかな。