Play framework2

No Image

Play frameworkを本番環境にデプロイする場合に、PIDファイルを別の場所に置きたいなと思ったりします。

デフォルトだとプロジェクトディレクトリの直下にRUNNING_PIDというファイルが作成されます。 ...

Play framework2

No Image

Play Framework 2.0系のプロジェクトで、リクエスト毎にログを出力するような設定をした場合、ログファイルをローテートしたくなったりします。

場合によってはlogrotateの設定でやったりもします。

Play framework2

No Image

リクエストを受けた直後のアクションについては

/app/Global.scala

というオブジェクトのファイルを作り

GlobalSettingsを継承します。

このGlobalSett ...

Play framework2

No Image

Play Frameworkはなんか、デフォルトで正常に動いていると、ログが少ないなと思ったりします。

正常に動いたように見えても、データがおかしいのを拾っている場合もあります。

そんな時は、どんなSQLが叩か ...

Play framework2, Scala

No Image

これは、Play Framework で使用しているAkkaのデフォルト設定による物で、ボディパーサのタイムアウトが1秒に設定されています。

retrieveBodyParserTimeout = 1 second ...

Play framework2

No Image

application.confには前環境で共通の内容を設定
prod.confには、本番環境用のみのものを設定

という感じで、本番と開発で設定を分けたいなと思います。

これを実現するには

...

Play framework2, Scala

No Image

APIDOCとか、Documentをみたら、分かる事ではあるが、はまりやすいので書いておく


とした場合に

action1を叩いてからaction2を叩くと
セッションの情報がtest2 ...

Play framework2, Scala

No Image

Scalaの開発をVMで行っているわけでありますが

素のPlay frameworkだと、色々やってるうちにメモリを浪費してしまうようです。

メモリリークでは無いけど、必要なメモリをどんどん確保してしまうみたい ...

Play framework2, Scala

No Image

Play frameworkは便利ですが、そのまま稼働させたい時などにわざわざ

なんて打ちたくありません。

でも、playコマンドにそのままstartと引数を付けて叩くと、コマンド一発で起動する事が出来ま ...

Play framework2, Scala

No Image

Ubuntu 11.xx上で、Play framework 2.0 for ScalaからImageMagickを使う

ということで、今回のコンセプトですが

cookpadにはtohuがある

ぼくら ...

Play framework2, Scala

No Image

Ruby on Railsは、フルスタックで、テーブルのスキーマもリビジョン管理が出来るフレームワークですが、Play! Frameworkもそれに近い事が可能となっています。

Ruby on Railsで言うマイグレーシ ...

Play framework2, Scala

No Image

Play frameworkでは、eclipseでプロジェクトを開けるようにするコマンドが存在するのでその機能を使用する。

まず、作ったプロジェクトのディレクトリに移動する。

コマンドを叩く

Play framework2, Scala

No Image

Liftを使うかPlay frameworkを使うか、というところで、悩んでいるので

とりあえず、Play frameworkも試してみる。

Scalaをセットアップするのは、JDK入れて適当な場所にScala ...