[Scala]Play framework で使用するJVMのヒープサイズを環境変数で指定する

2012年6月8日

Scalaの開発をVMで行っているわけでありますが

素のPlay frameworkだと、色々やってるうちにメモリを浪費してしまうようです。

メモリリークでは無いけど、必要なメモリをどんどん確保してしまうみたい。

なので、ヒープの上限という意味で割り当てを指定してみます。

毎回Play起動時に指定するのは面倒なので、環境変数で。

#~/.bashrc を開いて、一番下あたりに

と書き込んでターミナルを再起動します。

以上です。

playを起動すると

Picked up _JAVA_OPTIONS: -Xms256M -Xmx256M
という行がコンソールに出てきたと思います。

アンケート