Evernoteが値上げ!今ここでOneNoteと比較してみる

Evernoteが値上げ&無料のベーシック版にさらに制限がつくようだ。

4DB6FE35-C1FA-440B-89C0-8A5AEC88076A

Evernote ベーシックを無料で入手するか、プラス版またはプレミアム版にアップグレードできます。 Evernote

ここで、今一度、自分なりにEvernoteとOneNoteの無料版の比較をしてみたいと思う。

1ノートごとの保存容量

Evernote OneNote
1ノートごとの保存容量 1記事25MB 無制限
全体の保存容量 なし? OneDriveにファイル作成のため、OneDriveに依存
アップロード容量制限 60 MBの月間アップロード容量 無制限
ウェブクリップ機能 各ブラウザにプラグインを追加して使用
ページ全体・選択範囲・ブックマーク
※オリジナルに近いスタイルのままノートに保存可能
Chrome拡張にて確認
クリップの意味合いが違うようで、
ページ全体のスクリーンショット
選択範囲のスクリーンショット
となるようだ
ノート内の画像編集 以前あったSkitchというアプリの機能がEvernoteのアプリに取り込まれているので、
Evernoteアプリ内で簡単なドローツールやコメント追記などが出来る。
画像などの編集はOneNoteアプリ上では出来ないようだ
編集端末 2台 制限なし

ここまで見て、個人的にはもうEvernoteしか無い訳ですが

有料版になってくると少し違った考え方になる必要がありそうだ。

Evernoteの有料版は、2種類あるが、プレミアムを想定して考える。

特に有用な機能を上げてみると

PDF内の文字を検索

Office文書の文字を検索

ノートの履歴閲覧

など。

過去にミスってノートの中身を消してしまったことがあったが、履歴から戻せて事なきをえた経験から

この履歴閲覧は必須と思っている。

OneNoteの方はどうか

こちらは、OneDrive自体の有料プランというより、MicrosoftのOneDriveのプランと言った方が良いが

今現在(2016年6月)OneDrive プラン

無料 5GB 無料
基本 50GB 170円/月
OneDrive + Office 1TB 1274円/月

いずれにしても月間の通信量制限はない。

Office 365 soloを契約することで、OneDriveが1TB付いてくると言う脅威のパフォーマンスが発揮される。

1274円/月でOfficeとOneDriveが1TB付いてくるのであれば、これはお得だと思う。

Evernoteの優秀なウェブクリップ、簡易画像編集、を取るか

OneNoteとOfficeとOneDrive 1TBを取るか

両者どちらか一方だけを選ぶことが出来ず、自分の場合は両方選んでしまった。

ウェブクリップ、通常のメモ用途としてのEvernote

Officeや1TBのオンラインドライブとしてのOneDrive

比較対象にあげたOneNoteは結局使っていない。

以上。

 

Bash on Ubuntu on Windows のアンインストールについて

https://github.com/Microsoft/BashOnWindows/issues/29

lxrunというコマンドがコマンドプロンプトでたたけるようになっているようで、これでオプションにuninstallを付ければ

Bash on Ubuntu on Windows のサブシステム一式が削除出来るようだ。

試しに消してみた。

キャプチャ6

 

Windows 10 Insider PreviewをONにしてみた

最近、MacとWindowsの両方で似たような環境を作って作業することが多くなった訳ですが、どうもMacと比べると色々とWindowsの場合は開発環境といった面では劣る部分が多いというのを改めて感じました。

ただこれ、Windows10は開発用途以外の場合、結構使いやすいOSだと思っています。

自分の場合はノートPCでタッチ画面付きのものなので、マウスが無くても、サッと画面をタッチできたりして便利です。

ブラウジング用途でも手でスクロール出来る&拡大縮小が出来るというのは使ってみるとかなり便利な部分です。

ブラウジングの操作がスマホでなれているというのもあるかもしれません。

そこでMacを触ると、ついつい画面に手が行ってしまいがちです。

あ、タッチ出来ないのか。。と思いつつタッチパッドをスルスルする訳です。

少し話がそれました

Windows 10を開発環境として見た場合に、圧倒的に足りないのがコマンド操作周りだと感じました。

昔はCygwinやらCoLinuxからVirtualPCやVMwareなど、仮想環境は結構手を出してきていましたが

シームレスな環境というのはなかなか見つかりませんでした。

最近はDockerを入れてコンテナ起動ですが、結局は裏でVirtualboxが起動しています。

そんななか、Windows 10 Insider Previewで、Bash on Ubuntu on Windowsなる環境が試せるという話を聞き、これは入れるしかない。

と思いつつも要はベータなので、最悪環境が吹っ飛ぶかも?というところで躊躇してましたが

ふっきれました。

キャプチャ

ONにしちゃいましたよ。

というのも、最近Windowsがブルースクリーンになることが多く、どっちにしろリセットするなら、という気持ちが強くなってきました。

あとは純粋に試したい!という事で。

ついさっきONにしたわけですが、しばらく待たないと入らないようなので、続きはまたしばらく待ったあとにアップしたいと思います。

追記

やっとWindows Updateとして降ってきました。

キャプチャ

入れたらまた別途追記します。

追記2

早速bashをONにしてみます。

キャプチャk

Windowsの機能の有効化または無効化というのをクリックして

キャプチャ2

Windows Subsystem for Linux (Bata)

というところにチェックを付けてOKを押します。

ここで、一度再起動します。

コマンドプロンプトでbashと入力してリターンです。

キャプチャ3

そうすると、インストールするかどうかを聞かれるので、yと入力します。

キャプチャ4

アカウントとパスワードを最初に入力すると、文字は化けますが正常にインストールされたようです。

これで、スタートメニューには

キャプチャ5

このようにBash on Ubuntu on Windowsという項目が出来ています。

これを起動するとbashが使えるようです。