passengerをインストール

Ruby on Railsの本番実行環境として定着したpassengerです。

では、インストールをしてみます。

まず、passengerをインストールするために必要なモジュール

Ruby

基本中の基本

rubygems

gemでインストールするので、こちらも基本

あとは、以下のライブラリ群が必要になります。

  • GNU C++ compiler
  • Curl development headers with SSL support
  • OpenSSL development headers
  • Zlib development headers
  • Ruby development headers
  • OpenSSL support for Ruby
  • RubyGems
  • Rake
  • rack
  • Apache 2
  • Apache 2 development headers
  • Apache Portable Runtime (APR) development headers
  • Apache Portable Runtime Utility (APU) development headers

手コンパイルでいれるもよし、パッケージで入れるもよし。

準備が整ったら、passengerをインストールします。

次に、passengerのモジュールをコンパイルしてapacheのmodファイルとして組み込みます。

先ほどのライブラリ群が正常にインストールされていれば、以下のような表示が出ます。

一つでもNotFoundが出たらインストールできません
続けて、勝手にコンパイルしていると思います。

コンパイルが完了すれば、以下のような設定のサンプルが表示されるので、それをapacheの設定ファイルに追記します。

/etc/apache2/conf.d/passenger.conf

というファイルを作成し、設定を書き込みます。

LoadModuleの行からPassengerRubyの行までの3行です。

apacheを再起動します。

エラーが無ければ、ここまでは正常に完了です。

次に、動かすプロジェクトの設定をします。

httpd.confに

以下のVirtualHostの設定を追加します。

ServerName、DocumentRoot、Directoryディレクティブは各環境にあった物を各自設定してください。

これで再度apacheを再起動します。

エラーが無ければ、アクセスしてみましょう。

これでプロジェクトをpassengerで起動できました。

 

Passengerで動かすRailsプロジェクトで、rMagickを使う時の設定

ImageMagickのをソースからインストール
※/usr/localに入るので、rootで実行

/usr/local/libをライブラリ登録

/etc/ld.so.conf.dに
ImageMagick.confファイルを作成
ファイルの中に

/usr/local/lib

を記入
ldconfigを実行

rmagickのインストール