rpmファイルを簡単に作成する

CentOSでは、なかなか新しいパッケージが配信されない。

ImageMagickとか、Rubyとか、SQLiteとか。。

なので、自前でrpmファイルを作ろうと思った。

方法は、checkinstallというツールを入れる。

ホームページは

http://www.asic-linux.com.mx/~izto/checkinstall/index.php

で、ソースコードをダウンロード

wget http://www.asic-linux.com.mx/~izto/checkinstall/files/source/checkinstall-1.6.2.tar.gz

ファイルの解凍とコンパイル

tar xvfz checkinstall-1.6.2.tar.gz

cd checkinstall-1.6.2

make

make install

これで、/usr/local/sbin/checkinstall

が生成される

次に、今回はSQLiteをダウンロード

ホームページ

http://www.sqlite.org/

から

autoconfの方をダウンロード

wget http://www.sqlite.org/sqlite-autoconf-3070603.tar.gz

ファイルの解凍

tar xvfz sqlite-autoconf-3070603.tar.gz

mv sqlite-autoconf-3070603 sqlite

cd sqlite

./configure

これでsqliteディレクトリにMakeFileが出来上がったので

checkinstallを実行

checkinstall

あとは、yum –nogpgcheck install /usr/src/redhat/RPMS/i386/sqlite-3.7.6.3-1.i386.rpm

で、インストールされる

※sqlite-develはどうやって作るか分からない。。。。。。

 

CentOSでDHCPのIPアドレスを再取得する

DHCPでIPアドレスを取得していて、再取得させたい場合

dhclientコマンドを使用する

まずは現在のIPアドレスを解放する

次に取得処理を実行する

a

a

a

a

cronのログを有効に

cronのログは、CentOSではデフォルトで出力が有効になっているが

Debianの場合は無効になっている(場合がある?)

ので、ログを出したいときは有効にする

以下のファイルを開き

/etc/syslog.conf

の行のコメントを外す

WordPressのためのPHPコンパイル

WordPressのフル機能を動かすためには

必要な機能を含んだ状態でPHPをコンパイルする必要がある

たとえば、WordPressのバージョンアップには、zlib対応が必要だ。

そこで、コンパイル時のオプションを何を入れたらいいかを、書いてみる

まずはPHPのダウンロード

解凍

コンパイルオプション指定

Passengerで動かすRailsプロジェクトで、rMagickを使う時の設定

ImageMagickのをソースからインストール
※/usr/localに入るので、rootで実行

/usr/local/libをライブラリ登録

/etc/ld.so.conf.dに
ImageMagick.confファイルを作成
ファイルの中に

/usr/local/lib

を記入
ldconfigを実行

rmagickのインストール