VMware PlayerにSolaris 11 Expressをインストール

VMware PlayerにSolaris 11をインストールしてみたくなった。

入れる目的は、zfsの調査。

あと、適当にrubyのメモリリーク調査用とかに使おうかなぁ程度。

ということで、まずはインストーラをダウンロードする。

Oracleのホームページにあるダウンロードから

Oracle Solarisをクリック

そこから、Oracle Solaris 11を探して、ダウンロード。
sol-11-exp-201011-text-x86.iso

MVware Playerを起動し、

をクリック。

を選択して次へ。

Sun Solarisを選択して次へ。

仮想マシンの名前は適当に設定して次へ

ディスク容量の指定は30GB位を指定

ハードウェアをカスタマイズで、フロッピーを削除

これで、マシンはできあがりました。

次にインストーライメージを指定して起動します。

仮想マシン設定の編集を開き、CD/DVDを選びます。

ISOイメージファイルを使用するにして、ダウンロードしたISOイメージを指定します。

設定を閉じます。

VMを起動するのですが、CDブートを有効にするため、一度BIOS画面に入る必要があります。

そこで、VMwareでBIOSを出すを参照。

ブートディスクでCD ROMを選んでBIOS終了。

VM再起動

これでSolarisのインストーラが走ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *