VMWare Player 6登場 & vmnetcfg.exeについて

VMWare Player 6がリリースされたようです。

Windows 8に正式に対応し、ストアアプリもユニティメニューから呼び出せるようです。

さて、vmnetcfg.exeを使いたいと言った場合

VMWare Workstationの対応バージョン(VMWare Player 6の場合はVMWare Workstation 10)のインストーラを入手出来る方に限られますが

VMWare Workstation 10のインストーラを手動で展開します。

とコマンドラインで実行します。

これにより、extディレクトリにこのインストーラの中身が展開されます。

このなかから、core.cabファイルを見つけて解凍します。

そこから、vmnetcfg.exeと言うファイルを見つけて、VMWare Playerのインストールディレクトリにコピーします。

VMWare Player 6では、これだけでは起動しなくなってしまいました。

vmnetcfglib.dllを要求されます。

なので、同じくcore.cabファイルから_vmnetcfglib.dllを探し出します。

これをvmnetcfg.exeと同じディレクトリにコピーします。

頭の_(アンダーバー)はいらないので、ファイル名変更でvmnetcfglib.dllに変更します。

これでvmnetcfg.exeが起動出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *