VMWare Server のゲストOSのディスク割り当てを変更

本日は天気がよいです。

そんなよい天気を家の中から眺めながら、VMWare Serverの設定をチマチマ修正してます。

最近VMが増えてきたので、ディスク割り当ての量が把握し切れてません。。

可変サイズはよくないです。。

なぜなら、ホストOS上のディスクを使い切った場合に、ゲストOSのディスクが可変で

何かファイルを追加したりした場合に、ディスクが拡張できずにエラーになるのです。。

ということで、各VMのディスクを実サイズ分確保するように変換かましてみました。

VMWare Server 2にはvmware-vdiskmanagerというコマンドがついています。

このコマンドは、VMのディスクイメージを作ったり変換したりするコマンドで

今回はこれを使って

サイズ可変のディスクイメージを、サイズ固定のディスクイメージに変換かけます。

vmware-vdiskmanager -r vmdisk.vmdk -t 3 conv/vmdisk.vmdk

vmware-vdiskmanagerのオプションで

[-r]は、変換したいディスクイメージの指定

[-t]は、変換後のディスクイメージのタイプ

vmware-vdiskmanager –helpとやることで、ディスクイメージのタイプの説明は出てきます。

Disk types:
0                   : single growable virtual disk
1                   : growable virtual disk split in 2GB files
2                   : preallocated virtual disk
3                   : preallocated virtual disk split in 2GB files
4                   : preallocated ESX-type virtual disk
5                   : compressed disk optimized for streaming

今回はディスクイメージの容量分をあらかじめ確保しつつ、2GBでディスクイメージを分割したいので

3番のpreallocated virtual disk split in 2GB filesを選択します。

最後の引数が、変換後のファイル名

変換後のディスクイメージをそのまま使いたいので

convというディレクトリを準備し、その中に変換後のディスクイメージを書き出します。

これで、変換前のを削除して、convの中のディスクイメージを移動すればすぐ使えます。

アンケート

PC関連, VMWare

Posted by GENDOSU