VMWare Player 3.0 で、vmnetcfg.exeを使う

2009年10月31日

先日、VMWare Player 3.0が公開されました。VMware Player 5.0が出ています。こちらの記事もどうぞ。

おそらく、Windows 7に合わせて出した物と思われます。

更新内容は、まだよく見ていませんが、とりあえずインストールしてみました。

今回のVMWare Playerは、なんと、VMの新規作成機能もついております!

これで、重いServerを入れなくても簡単な実行環境の作成なんかで使えそうです。

で、いつも、vmnetcfgでNATの設定を変えて使っているのですが

今回のVMWare Playerにはvmnetcfg.exeが入っていません。

よくよく調べたら、インストーラパッケージには含まれているが、インストールされていないような感じです。

なので、

を実行し、インストーラを展開

その中のnetwork.cabをさらに展開

展開したファイルの中にvmnetcfg.exeがあるので

VMWare Playerのインストールフォルダにコピー。

あとはダブルクリックで起動することができます。

PC関連, VMWare

Posted by GENDOSU