VMware Player 5.0リリース & vmnetcfgを使う方法

VMware Player 5.0がリリースされたみたいです。

変更内容が以下のようです。

  • ウィンドウズ・ベースのユーザ・インターフェースへの改良
  • 仮想デバイスの改良
  • VMware Playerの非商用利用ライセンス
  • ネットワーク・アダプタを形成?

あとは、VMware Workstation 9で改良された部分もあるようなので、それも取り込まれているはずです。

で、早速入れてみたら、vmnetcfg.exeが取り出せません。

インストーラに含まれなくなったようです。

物が無いなら対応策は無いんですが

VMware Workstation 9のインストーラをゲット出来る方は

コマンドプロンプトからVMware Workstation 9のインストーラを解凍します。
[shell]VMware-workstation-full-9.0.0-812388.exe /e .\ext[/shell]
できあがったextディレクトリの中にcore.cabがあるので、このファイルを適当な解凍ツールで解凍します。Windows 7とかだと、ダブルクリックで開けたような。。

で、その中にあるvmnetcfg.exe

Program Files\vmware\vmware playerの中にコピーします。

あとは、このvmnetcfg.exeを起動すれば、前回同様ネットワークの設定をすることが可能です。