[Scala + Lift]HTMLのキャッシュ

Scala + Liftは、プロダクションモードで起動した場合には、htmlをキャッシュするみたいです。

自分自身は未確認ですが、確認方法は

GlassFishの場合

[設定] – [server-config] – [JVM 設定] – [JVM オプション]

の項目に
[text]-Drun.mode=production[/text]
を追加してGlassFishを再起動。

また、意図的にキャッシュを無効化するには

[scala]LiftRules.templateCache = Full(NoCache)[/scala]

と言う行をBoot.scalaに書く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *