リバースプロキシで、アプリ側の再起動など

2012年7月9日

apacheでリバースプロキシを設定した場合

mod_proxyは接続先のサービスが落ちている場合、その状態をキャッシュしてしまうようです。

デフォルト値は60秒

なので、アプリを再起動した場合に、リバースプロキシでサービスが落ちている事を検知すると

60秒間、503が返る事となります。

この60秒を5秒とか1秒とかに設定してやる事で、503エラーの頻度が減ります。

設定の仕方は
[text]ProxyPass / http://localhost:3333/
ProxyPassReverse / http://localhost:3333/[/text]
としている所を
[text]ProxyPass / http://localhost:3333/ retry=5
ProxyPassReverse / http://localhost:3333/[/text]
とする事で設定できます。