Ubuntu 12でgitoliteを使ってgitリポジトリを公開する

2012年12月18日

公開リポジトリを作成するまで

gitのインストール
[shell]sudo apt-get install git[/shell]
gitoliteのインストール
[shell]sudo apt-get install gitolite[/shell]
gitolite用アカウントの作成
[shell]sudo adduser –disabled-password gitolite[/shell]
管理者用として公開鍵を作成
[shell]ssh-keygen -t rsa[/shell]
gitoliteアカウントのホームに転送

sudo cp .ssh/id_rsa.pub /home/gitolite/admin.pub

gitoliteアカウントにログインし、gitolite環境をセットアップ
[shell]sudo su – gitolite
gl-setup admin.pub
exit[/shell]
gitolite用の管理リポジトリをcloneする
[shell]git clone gitolite@localhost:gitolite-admin[/shell]
リポジトリを新規作成する

gitolite/conf/gitolite.conf ファイルに以下の内容を追記
[shell]repo hoge
RW+ = admin[/shell]
変更をpushする
[shell]git commit -m "add repo"
git push[/shell]
これで、hogeリポジトリが作成され、adminがアクセス出来るようになる

別のマシンからcloneする場合、ssh-keygenの部分からやれば良い

ユーザの追加は

gitolite-admin/keydirに作成した公開鍵の名前で作成される

win-gendosu.pub

とやれば、

gitolite-admin/conf/gitolite.conf

で設定するユーザは

win-gendosuとなる。

先のhogeにwin-gendosuの権限も付け加えると
[shell]repo hoge
  RW+ = admin win-gendos[/shell]
となる

アンケート