ADTでAndroidのエミュレータを高速化する(WIndows & Intel)

ADTでデバッグするときなどにAndroidのエミュレータを起動すると思いますが

もしかしたら、エミュレータが重すぎて実機を繋いでデバッグしてしまうかもしれません。

でも、エミュレータでやりたい場合もあったりするので

出来ればエミュレータが高速に動いてほしい。。

これがWindowsでIntelのCPUだと、高速化出来たりします。

Intelのページに

http://software.intel.com/en-us/android

Hardware Accelerated Execution Manager

というものが置いてあります。TOOLS % DOWNLOADの所ですね。

これをインストールします。

haxm1

これがインストール出来る環境であれば、Androidエミュレータが高速化されます。

インストール出来ない場合は、あきらめるか新しいPCを購入しましょう。

で、BIOS設定でもインストール出来ない場合があるので

Virtualization Technologyという項目がONになっていることを確認してください。

インストール出来たら、次はADT側ですが

Android SDK Managerを起動します。

デバッグで使いたいバージョンを選択して、

Intel x86 Atom System Imageというのをインストールします。

Android_SDK_Manager1

このイメージがない場合、そのバージョンでのデバッグは高速化されません。

続いてAVDで、デバイスを作成(編集)します。

AVD01

Targetには、先ほどIntel x86 Atom System Imageをインストールしたバージョンのものを設定します。

CPU/ABIに、Intel Atom(x86)を指定します。

Emulation OptionsでUse Host GPUを選択します。

これで、ADTの設定は完了です。

あとはエミュレータを起動すれば、超高速になっていると思います。

 

アンケート

Android

Posted by GENDOSU