今更ながら、screenコマンドを知った

ssh切れたら痛いなーと思っていたら

screenというコマンドがあるというのを教えてもらった。

仮想ターミナルという感じのコマンドらしく

teratermなどでサーバ機に接続した上でscreenを使うと

screenがバックグラウンドで起動し、

さらにその中にターミナル接続したようなイメージで使用できるらしい。

ということで、クライアントPCとサーバとの接続が切れてもサーバ上ではターミナルが開かれたままという事になるみたい。

使い方は

screenの起動

screenから抜ける(detach)

Ctl+a-d
Ctl+aを押してからdを押す

再度screenに接続する(attach)

※自分のアカウントででscreenが起動している場合

仮想ターミナルなので、複数ウィンドウも開ける

ウィンドウを増やすには

Ctl+a-c

今開いているウィンドウの一覧を見る

Ctl+a-w
※ターミナルの下部に表示される

「*」がついたものが現在アクティブなウィンドウ

「-」がついたものが直前に開いていたウィンドウ

次のウィンドウに移動する

Ctl+a-n

前のウィンドウに移動する

Ctl+a-p

任意のウィンドウに移動する

Ctl+a-[ウィンドウの数字]

ウィンドウの順番を入れ替える

0*$ master  1-$ branch1  2$ branch2

たとえば、このような感じにウィンドウを開いているとする。

Clt+a-cをすると、3$ ができあがる。

これを、masterの次に持ってきたい。

Ctl+a :number 1

と入力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *