Docker for Mac bata(1.12)とpowが共存出来ない

Docker for Mac bataがリリースされ、早速インストールしてみました。

docker-app-icon

アプリケーションディレクトリに入れて、このアイコンをダブルクリックするだけで

Dockerの環境が自動的に構築されるようです。

docker-menu-iconメニューバーにはDockerのアイコンが表示されるようになります。

1.11以前にDocker ToolboxでDockerを使っていた場合、この初回の起動時に

既存環境を新しい環境で使えるように変換が行われます。(yesにした場合)

今回は、全く新しい環境にインストールをしているので

変換も何もなく、すぐにインストールが終わりました。

変換した場合には、既存環境に応じて、それなりのディスク消費があるので

ディスクの空きが少ない場合は要注意です。

さて、Dockerの環境としては、まだこれから試してみる事はたくさんありそうですが

ここで出てきた問題が、タイトルの通り

powと相性が悪そう、という点です。

powは、Rackサーバで、ローカルでバーチャルホストを提供します。

なので、test-appというプロジェクトであれば、http://test-app.devでアクセスができるようになりますが
test-app.devは127.0.0.1になるので、localhostです。

一方、Docker for Macもポートを80番で指定してコンテナを起動したりすると

http://localhost/でアクセスができるようになります。

Docker for Macは、今までのDocker toolboxとは違い

Mac上でネイティブにハイパーバイザーを使って環境を構築しているようです。

ですので、標準の設定のままだと、これらが衝突し、Dockerのコンテナにアクセスできない、といった状況が発生します。

自分でもこのあたりが今出来る設定で回避可能なのかどうかは、調査中ではありますが

覚書として書いてみました。

 

関連情報

http://pow.cx/

https://www.docker.com/

https://github.com/docker/hyperkit

http://bhyve.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *