これで解決!Docker for macのディスク容量を小さくしよう(ベータ)

2017年1月23日

先日、Docker for macでDocker.qcow2というファイルが肥大化する件というのを書かせていただきましたが、こちらの件、Docker for macの最新版ベータにて、ある程度自動で解消されるような処理がマージされたようです。

New Data Management commands #26108
https://github.com/docker/docker/pull/26108

Docker for mac のベータチャンネルにも降ってきましたので、試してみました。

今回ベータチャンネルで降ってきた内容は多いのですが、その中でReclaim disk size on rebootというのが今回の対応になってそうです。

DataManagement commands周りの主な対応内容としては、VM内のdfを表示するコマンド(docker system df)と、お掃除用のコマンド(docker system prune)が出来たといった感じでしょうか。

というコマンドで、今現在のVM内のディスク使用状況が以下のように表示出来ます。

RECLAIMABLEという列が、再利用可能な容量、といったところでしょうか。

早速、実際にpruneしてみます。

このような確認事項が表示されて

[y]を選択すると処理が始まります。

という感じにログが表示され、4.931 GB空いたようです。

prune後にDockerを再起動

メニューからrestartを選択すると再起動します。

起動したら、先ほどのdfを確認してみます。

docker system df

再利用化出来たようです。

実際のVMのサイズの変化は

prune実行前は

という巨大なVMになってしまっています。

prune実行後は

約2GBほど縮小されたようです。

これが正式版に入れば、VMのコンソールに入ったり

ディスクの変換をかけたりする必要がなくなり、dockerのコマンドで解消出来るので良さそうです。


追記

後日、何度かDocker for macを再起動してたら、さらにサイズが小さくなってました。

断片的に縮小していく感じなのかもしれません。

Reclaim disk size on rebootという位なので、もしかしたらDocker for macの再起動のたびに不要な領域が解放されていく、という事なのかもしれません。

Docker

Posted by GENDOSU