「技術を持っている」と言う事と「技術を使っている」と言う事の違い

エンジニアの世界では

よく、○○の技術を持っている、経験しているから大丈夫だろう、と言う想定の上で採用活動をする。

だけど、技術を持っている、と言うのは、現在進行形ではない場合もあり、その場合は作業者としては使えるけど、開発チームのリーディングには向かない可能性が高い。

何を言いたいかと言うと、技術の鮮度の問題で

例えば、Rubyであれば、Rubyの最新バージョンが現在2.4で、Railsが5です、と言う時にRuby経験あり。Ruby1.8、Rails2やってました。といった人が来てもある程度は作業は出来るかもしれないけど

Railsの2から5になるまでにどんな変更が入っていて、それによってどんなコーディングをしたらいいのかと言うのが理解出来ていないので、採用をしても最新環境をキャッチアップするまである程度時間がかかる。

と言う話と、過去にRailsをやっていて、なんらかの別のプロジェクトに入り、疎遠になった状態の場合、またRailsをやる環境へ戻ってくるまでの間に、
Railsの最新のキャッチアップが出来ていない=Railsに対するモチベーションが低い
という事が言える。

これが技術を持っている、と言う表現。

技術を使っている

と言うのはそのままで、今現在その技術を使って何かしらやっています、という事。

仕事上のメインのプロジェクトで使っていなくても、常にキャッチアップしており

いつでも使えます、鮮度保ってます、という状態。

少人数のチームで採用をする場合、

特にこの、技術鮮度が新鮮な、「技術を使っている」人材を選ぶ事が重要。

プロダクトには共感があり熱意があるけれど、採用している技術要素についての熱意がなければ

そのプロダクトはエンジニアリングがうまく回らなくなっていく可能性が高い。

若手を採用する場合にも、ポテンシャルの中に、技術要素に対する熱意が持てる人材であるか?というのを含める必要がある。

リソースに余裕があれば、別の技術要素を選定して、といった話もあるかもしれないが、それは別の機会に。

 

野良猫と飼い猫(エンジニアの話)

エンジニアの世界での野良猫と飼い猫の話

どちらが幸せなのか?と言うのは人によってそれぞれだとは思うのだけど、
と言う断り書きをしつつ、ちょっとエンジニアを猫という生き物にたとえてみる。

野良猫(フリーランス・ベンチャー・起業・独立系)

エンジニアの世界だと野良猫はフリーランスや、ベンチャーに勤める、いわゆる大企業ではないところで働くエンジニアだと思っている。

ポイントは

  • 自由(リモートOK)
  • 挑戦が出来る(言語選定・技術選定etc)
  • うまく立ち回ればすごく贅沢が出来る

当然、リスクは多い

  • 車に轢かれることもある(大手競合に目を付けられてフルボッコにされる)
  • ご飯に有り付けないこともある(赤字)
  • 行き倒れる事も多々ある(倒産)

環境としては

mac指定とかはあったりするけれど

それ以外は、プロダクトにコミット出来るのであればなんでも構わない、といった環境が多い。

 

飼い猫(中〜大企業・大手)

飼い猫はエンジニアの世界で例えると、中〜大企業や、大手、Sierなど。

こちらの場合のポイントは

  • 家の中は快適
  • ご飯病院通い完備(保険、福利厚生)
  • 大きな挑戦は出来ない
  • 遊びたくて走り回ったりすると怒られる
  • じわじわと去勢される
    最悪、家に入るときに去勢される(社畜化)
  • 変なタイミングでおやつもらえたりするから、太る(怠ける)

こちらの環境としては

割とwindows指定が多く、さらに開発環境も固定され(java, eclipse only など)、新技術要素を検証するにもネットワークにプロキシがかかっており流行りのサービスや技術を試すためにいらぬ努力をしなければいけない。部門外の技術要素検証とかしようとすると、な、それってどこに必要なんですか?と聞かれる。結果、平のエンジニアは作業員として飼いならされていく。

飼い猫が家の外に飛び出す時

最初から飼い猫の場合、外の世界を知らないので、自分の周りの環境が自分の中の全てだと言う認識のまま生活する事が多い。

飼い猫が突然外に飛び出したくなる理由は、
挑戦して見たい事が出来た・リモートワークって楽そうだけど・起業って憧れる〜・などなど

でも、今のまま、ここにいては何も出来ない。環境を変えなければ!と思い立ち、外の世界に飛び出したりするわけだけど

リスクがあることはあまり意識していない場合があったりする。

リスクを知らないのと、野良猫の世界の厳しさを知らずに飛び出すものだから

野良猫流の立ち回りが出来ずに苦労することになる。

フリーランスは当然繋がりがなければ仕事を探すのにも苦労するだろうし

起業はそもそも会社の運営もしなければいけないので大変。

ベンチャーもリスクは付きまとう。

野良猫を拾った場合(スカウトして社員化)

逆に野良猫をいい子だから、という感じで飼い猫にしようとすると

家の中で退屈すぎてその猫にとっては死ぬほどつまらない人生になるかもしれない。

それが性に合う猫もいるかもしれない。

常に扉とか窓の前で外に出してよ〜と鳴き続けるしかない。

カーテン(プロキシ)がかかってたりしたら、外も見れなくて、
もう飼い主の言う事を聞いてる事がなくなる。

全てがこれに当てはまるわけでは無く・・・

当然飼い猫でも野良っぽくやらせてもらえるところもあるし

その逆もあったりするし

一概にこの2種類でまとめきれるものではないと言うのは理解しているつもり。

今は、そこそこの規模の家(企業)で、野良っぽくても良いよ、と言うところがちらほら出てきた。

これは、半飼い猫のように、たまに家に帰ってきて飼い主と遊び、またどこかへ出かけて外で遊び、と言うように

両者のいいとこ取りが出来る環境も少しではあるが出来つつあるように思う。

願わくば、そのような良い環境に自分も収まりたいと思うばかりである。

まとめ?

最近、両者の環境にほぼ同時に触れる機会があり

その事で、より自分がどちら向きかを肌で感じた。

新技術要素の検証とかは家でやれよ、とか言う意見がありそうだし、プロキシはセキュリティのために仕方ない、とか各言語ごとの特性があるゆえ、特性に合わせた環境を採用している、といった話とか十分承知の上で、それでも描いて見たくて書いてる次第。

野良猫寄りの人間から見た、エンジニアの世界の話。

 

 

Evernoteが値上げ!今ここでOneNoteと比較してみる

Evernoteが値上げ&無料のベーシック版にさらに制限がつくようだ。

4DB6FE35-C1FA-440B-89C0-8A5AEC88076A

Evernote ベーシックを無料で入手するか、プラス版またはプレミアム版にアップグレードできます。 Evernote

ここで、今一度、自分なりにEvernoteとOneNoteの無料版の比較をしてみたいと思う。

1ノートごとの保存容量

Evernote OneNote
1ノートごとの保存容量 1記事25MB 無制限
全体の保存容量 なし? OneDriveにファイル作成のため、OneDriveに依存
アップロード容量制限 60 MBの月間アップロード容量 無制限
ウェブクリップ機能 各ブラウザにプラグインを追加して使用
ページ全体・選択範囲・ブックマーク
※オリジナルに近いスタイルのままノートに保存可能
Chrome拡張にて確認
クリップの意味合いが違うようで、
ページ全体のスクリーンショット
選択範囲のスクリーンショット
となるようだ
ノート内の画像編集 以前あったSkitchというアプリの機能がEvernoteのアプリに取り込まれているので、
Evernoteアプリ内で簡単なドローツールやコメント追記などが出来る。
画像などの編集はOneNoteアプリ上では出来ないようだ
編集端末 2台 制限なし

ここまで見て、個人的にはもうEvernoteしか無い訳ですが

有料版になってくると少し違った考え方になる必要がありそうだ。

Evernoteの有料版は、2種類あるが、プレミアムを想定して考える。

特に有用な機能を上げてみると

PDF内の文字を検索

Office文書の文字を検索

ノートの履歴閲覧

など。

過去にミスってノートの中身を消してしまったことがあったが、履歴から戻せて事なきをえた経験から

この履歴閲覧は必須と思っている。

OneNoteの方はどうか

こちらは、OneDrive自体の有料プランというより、MicrosoftのOneDriveのプランと言った方が良いが

今現在(2016年6月)OneDrive プラン

無料 5GB 無料
基本 50GB 170円/月
OneDrive + Office 1TB 1274円/月

いずれにしても月間の通信量制限はない。

Office 365 soloを契約することで、OneDriveが1TB付いてくると言う脅威のパフォーマンスが発揮される。

1274円/月でOfficeとOneDriveが1TB付いてくるのであれば、これはお得だと思う。

Evernoteの優秀なウェブクリップ、簡易画像編集、を取るか

OneNoteとOfficeとOneDrive 1TBを取るか

両者どちらか一方だけを選ぶことが出来ず、自分の場合は両方選んでしまった。

ウェブクリップ、通常のメモ用途としてのEvernote

Officeや1TBのオンラインドライブとしてのOneDrive

比較対象にあげたOneNoteは結局使っていない。

以上。

 

Yahooボックスの無制限プランから移行されたプランがよい

以前、Yahooボックスで無制限プランが存在した頃、加入したのは良いけど色々不具合がたえなく、いくつかファイルも失い、今に至る訳ですが、無制限プランが終了するというタイミングで、プランに加入しているユーザー限定ではありますが、

yahooboxplan

という感じに

基本プランの容量が1.5TBに拡張されておりました。

今の所、基本プランの容量拡張プランが

Screenshot_20151217-191230

という価格設定なので、旧無制限プランの1.5TB追加は歪んだ状態と言えそうです。

おそらく、将来のどこかでOneDriveのようにプランの整理をするタイミングが来る気がします。

ですが、一時的にでも使えるのであれば使って行きたいと思っています。

Yahoo Box ディスクトップアプリが終了か(XP以前のWindowsで使えなくなるそうです)

先ほど、以下のようなメッセージ(本当はアラートだけど、目を疑いすぎてアラートが消えてログ漁った)が出てきた。

yahoobox

Yahooボックス ディスクトップアプリも終了か!!と焦ったものの、XP以前の環境で使えなくなるという事らしい。

いや、本当に焦った。

関連サイト:

Windows XP以前の基本ソフト(OS)をご利用のお客様へ

 

OneDriveの容量無制限撤廃について思うこと

以前、Office 365 SoloでOneDriveの容量が無制限に向っている

という内容で紹介したが、日本では正式に対応する(してなかったと思う)前に無制限が撤廃されることになった。すくなくとも、容量追加の申請画面へのリンクはなかったように思う。

関連記事:

OneDrive、容量無制限の提供終了、無料プランも15GBから5GBに縮小

OneDriveの容量削減はオンラインストレージの死につながるか? – 阿久津良和のWindows Weekly Report

Yahoo Boxも容量無制限プランを廃止しており、やはり無制限というのは、無理がある物なのであろう。

簡単に考えても

Office365soloの場合、月額およそ1000円相当で、ストレージが無制限に使えるなんて、利益になる気はしない。

とは思いつつも、Microsoftなら出来るという淡い期待はあった。今回の件で、改めて無制限は難しいというのが理解させられたように思う。

関連記事にあるとおり、自分も今までの撮影した写真や動画といったものは、今一度NASに入れようと思っている。一度NASのディスクが逝かれて、呆然とした過去があるので、今回はRAIDを組もうと考えている。

今のストレージ事情なら、3TBのHDDが1万円を切る値段で買えるので、Windowsの記憶域でパリティ(HDD3台で構成)にすればそこそこでかいストレージが完成する。

関連記事:

第14回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能

ベンチャー・中小企業における開発チームのあり方

どうも、GENDOSUです。

今回は今までの経験から、少しだけベンチャー・中小企業における開発チームについて思った事などを書きます。

ベンチャー・中小企業における開発チームで重要な事は

  • 短期間で動くものを作る必要がある
  • リーダー(CEO)の想像するものを理解し、形に出来る必要がある
  • 時には体力勝負
  • 開発メンバーは他のメンバーを信頼することが必要

まず
「短期間で動くものを作る必要がある」については、ベンチャーに限らずサービスを作っていく上で、競合よりも遅れてリリーする事は、その分野での先行優位性を失う事にほかならない。

「リーダー(CEO)の想像するものを理解・共感し、形に出来る必要がある」
これはメンバーがそれぞれCEOの考える未来を理解・共感できていなければ、少しの認識のずれから思いがけない意志の断絶が起きる可能性がある。

「時には体力勝負」
差し迫った締め切りを守れるかどうかという時には体力(気力)が重要になってくる。

「開発メンバーは他のメンバーを信頼することが必要」
ベンチャーは小規模から始める事が多く、その少ないメンバーの中で信頼できないメンバーがいる事はチーム崩壊を招く恐れがある。
また、メンバーとしては優秀であるが、人を信頼できないメンバーも同様のリスクがある。
すべての業務を自分が把握しなければいけないと思っている(各メンバーが皆そうであることが理想ではある)人が
他のメンバーを信頼できないことにより、タスクを抱え込んでしまい業務が集中し潰れてしまう事があるためだ。
さらには、信頼されないという事で他のメンバーのモチベーションが下がるという事も起こり得る。

これらはベンチャーの開発チームを立ち上げ・維持する上で重要な事柄であり、採用時には採用側・応募者側のそれぞれがお互いを見定めなければいけない。

採用側の視点で見ると、他のメンバーと技術レベルが近いか、その会社の雰囲気に合うか、人として問題ないか、プロダクトに共感しているか、将来像が想像できるか、などに比重を置く。
対して、応募者側としては、この会社のプロダクトに共感でき、10年後20年後まで自分が働いていけそうか(倒産するかしないか?という意味ではなく)、面接官だけではなくて、出来るだけ一緒に働く事になるメンバーとの接点を設けてもらう。その上でチームに馴染めそうかを確認する。
出来たら、数日実際の作業をしてもらいつつお互いが納得した上で採用が決まる事が望ましい。

という事を個人的意見として述べてみました。

次回、「ベンチャー・中小企業における開発チームの維持」