Ubuntu 11 にScalaとLiftの環境を構築する

2011年11月22日

Scalaが気になるので、実行環境を作ってみる。
Scalaと、Scalaでwebアプリケーションを作るに当たって必要になってくるソフトウェアを上げてみる。

Scalaとは

  • JVM上で動作する比較的新しい言語
  • オブジェクト指向言語(つまりJava)と関数型言語

Liftとは

  • Scalaで構築されたWebアプリケーションフレームワーク

Mavenとは

  • Java用プロジェクト管理ツールである

環境の構築

Ubuntu 11 はインストール済みとする。

JDKのインストール

sudo apt-get install openjdk-6-jdk

Maven 3のインストール

http://maven.apache.org/

からmavenをダウンロード

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//maven/binaries/apache-maven-3.0.3-bin.tar.gz

解凍

tar xvfz apache-maven-3.0.3-bin.tar.gz

環境変数の設定

~/.profile に設定

vi ~/.profile

JAVA_HOME

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-6-openjdk

M2_HOME

export M2_HOME=/home/maven/apache-maven-3.0.3

M2

export M2=$M2_HOME/bin

PATH

export PATH=$M2:$PATH

Mavenのインストール完了確認

mvn -v

以下のような実行結果が表示されれば問題なし

Apache Maven 3.0.3 (r1075438; 2011-03-01 02:31:09+0900)
Maven home: /home/maven/apache-maven-3.0.3
Java version: 1.6.0_22, vendor: Sun Microsystems Inc.
Java home: /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre
Default locale: ja_JP, platform encoding: UTF-8
OS name: "linux", version: "2.6.38-11-generic", arch: "i386", family: "unix"

Liftのプロジェクトを作成する

Mavenで、Liftのプロジェクトを作成するコマンドを実行すると、必要なプラグインが一通りダウンロードされる

mvn archetype:generate -U \
  -DarchetypeGroupId=net.liftweb

コマンドラインで適当に答えていけばインストールとプロジェクト作成の完了

Choose a number or apply filter (format: [groupId:]artifactId, case sensitive contains): :

色々な一覧と、上記のメッセージが出た場合、liftを入れたいので、とりあえずliftと入れて改行

すると、liftで絞り込まれるので、「lift-archetype-basic_2.9.1」を探して、その番号を入力

Choose version:
1: 2.4-M4
2: 2.4-M5

と出るので、2を選択

Define value for property 'groupId': :

は適当に設定

Define value for property 'artifactId': :

も適当に設定

Define value for property 'version':  1.0-SNAPSHOT: :

これはそのまま改行

Define value for property 'package':  jp.gendosu: :

ここはおそらくgroupIdが入るので、そのまま改行

Confirm properties configuration:
groupId: jp.gendosu
artifactId: lift-sample
version: 1.0-SNAPSHOT
package: jp.gendosu
liftVersion: 2.4-M5
logBackend: logback
scalaVersion: 2.9.1
Y: :

最後にyを入力

これで、liftのプロジェクトと、それに必要なプラグインがインストールされました。

コマンド一発でプロジェクトを作成したい場合、下記のように情報をすべてパラメータで設定すれば一発で作成することが可能。

mvn archetype:generate -U \
  -DarchetypeGroupId=net.liftweb \
  -DarchetypeArtifactId=lift-archetype-basic_2.9.1 \
  -DarchetypeVersion=2.4-M5 \
  -DgroupId=jp.gendosu \
  -DartifactId=gendosu-test \
  -Dversion=1.0-SNAPSHOT

とりあえず、テストサーバ起動

mvn jetty:run

テストサーバにアクセス

http://localhost:8080/

これで、何か表示されれば完了です。

アンケート