CentOS 5.9 で git をインストールする

2014年1月16日

CentOS 5.9 には、標準状態ではyumでgitをインストール出来ない模様。

なので、RPMforgeを使ってyumにリポジトリを追加してからgitをインストールして見ます。

http://repoforge.org/use/
このページを参考に、該当のrpmファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたパッケージファイルをインストールします。

rpm -ivh package-filename

yumで検索してみます。

yum search git
git.x86_64 : Git core and tools
git-all.x86_64 : Meta-package to pull in all git tools
git-arch.x86_64 : Git tools for importing Arch repositories
git-cvs.x86_64 : Git tools for importing CVS repositories
git-daemon.x86_64 : Git protocol daemon
git-email.x86_64 : Git tools for sending email
git-gui.x86_64 : Graphical frontend to git
git-svn.x86_64 : Git tools for importing Subversion repositories
gitk.x86_64 : Git revision tree visualiser
gitweb.x86_64 : Simple web interface to git repositories

見つかったので、yumでgitをインストールします。

yum install git

アンケート

CentOS, git

Posted by GENDOSU