Evernote for i-modeが終了か

Evernote for i-modeが終了するようですね。

個人的にはお世話になったことがないですが

i-mode自体、Evernote自体はすごくお世話になってた(なってる)ので

なんか感傷深いというか、時代の流れを感じるなと思ったりします。

確かにEvernote使ってて、メモる内容とかリッチになっていく中で

i-modeで見たらズレズレ(想像)とかだったら使わなくなっていくだろうし。

仕方のないことなのかもしれないなと思う今日この頃。

でも、日本のモバイルの先駆者ともいえるi-mode。

お世話になりました。

Ubuntu 12 上にJenkinsをセットアップしてRails3のテストを実行する

Railsのテストといったら、前はCruiseControl.rbだったんですが

最近の流れはJenkinsのようなので

セットアップして見ます。

Rails3が実行出来る環境は

Rails 3.2.8をUbuntuに一からインストールしてみる

で構築

または、rvmをインストールの後、Rails環境を構築。

将来を見越すと、rvm入れておいた方が良いかも。

と言うことで、要件を

  • Ubuntu 12
  • Jenkinsでテストの自動化
  • テストで実行する際の実行環境はRVMで構築
  • とりあえずRails3をテストしたい
  • リポジトリはgit

まずはRVMで環境を構築「RVMをセットアップする

RVMでRuby 1.9.3をインストール

Ruby on Railsのインストール

Jenkinsのインストール

これで、http://localhost:8080とすれば、Jenkinsの管理画面が出る

Railsのテストを実行出来るようにプラグインをインストールします。

jenkins04

必要なプラグインは

  • rvm
  • rake plugin
  • git plugin

ここまで出来たら、あとはテスト用プロジェクトを作成します。

jenkins03

フリースタイル・プロジェクトのビルドを選択して、ジョブ名を設定してOKします。

ビルドの部分で、一番最初にjenkins05ボタンからシェルの実行を選択して

シェルの実行枠を追加します。

中身は

export LANG=”ja_JP.UTF-8″

を指定する。

これが無いと、Railsプロジェクトのlocaleが正常に設定されない。

次に、jenkins05ボタンから「Invoke Rake」で枠を追加します。

ここで、Rake Versionは適当に指定して、tasks欄に「rake spec」タスクを指定します。

これで、ビルドの準備は完了しました。

MySQLでテスト用データベースを作成して、ビルドを実行してみます。

VMware Player 7がリリースされていました

VMware Player 7がリリースされていました。

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/7_0

今回のリリースでは

新しいオペレーティング システムのサポート
次のゲスト OS が新たにサポートされるようになりました。

  • Windows 8.1 Update
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 10 Technical Preview (試験的サポート)
  • Ubuntu 14.10
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • CentOS 7
  • OpenSUSE 13.2
  • SUSE Linux Enterprise 12

ということですが、Player 7にゲストOSとしてWindows 7以降をインストールしてOffice 2013を起動すると、一部アプリケーションでWorkstation UIがフリーズするようです。
対処方法が、3DアクセラレーションをOFFにするということですが、用途がOfficeだけならそれでも良さそうですが、ちょっと気になる問題点が残ったままのリリースのようです。

恒例の、vmnetcfg.exeの話です。

Player 7に対応するWorkstationは11ですが

今回はVMware Workstation 11のインストーラーを/eオプションで解凍しても出てきません。

VMware Workstation 11 のバイナリを持っている方、ライセンスを持っている方は

一度インストールしたあと、vmnetcfg.exeのみをどこかにコピーしておき、

VMware Workstationをアンインストールして、VMware Player 7をインストールして

VMware Playerのインストールディレクトリにvmnetcfg.exeをコピーすれば

使えるようになります

2015/02/06 追記

どうやら、ダウンロードが失敗していたようだったので、再度やってみました。

以下内容

インストーラを展開

これで、extディレクトリに展開されます。

この中に

vmwareworkstation.msi

というのが出来、この中にファイルが入っているようなので

これをさらに展開してみます。

msiファイルは、

Windowsアプリケーションや修正プログラムの配布などで使用される、インストール・イメージ用のファイル形式で、このファイルを操作するには、Windows Installerを使う必要があるようです。

普通に実行してしまうと、インストーラが起動してしまうので、ただ単にファイルとして展開したい場合、msiexec.exeというツールで展開することになります。

msiexecのヘルプを見るには

で見れます。

このヘルプを見ると、

/a <Product.msi>
管理用ツール – ネットワーク上の製品をインストールします。

というオプションがあるので、このオプションを使います。

/aオプションにはさらに

targetdir

というサブオプションがあり、ここに展開先のディレクトリを指定します。

targetdirは、フルパス指定になります。

ということで、展開してみます。

例としてc:\tempにmsiファイルを置いて、そこに展開してみます。

これで、extmsi

というディレクトリにファイルが展開されていると思います。

この中に出来上がるディレクトリで

extmsi\VMware\VMware Workstation

vmnetcfg.exeがあるので、これをprogram filesのvmwareの中のvmwareplayerがあるディレクトリにコピーしてあげることで、使えるようになります。

Ruby 2.2 がリリースされました

クリスマスプレゼントなのか

Ruby2.2 がリリースされてました。

https://www.ruby-lang.org/ja/news/2014/12/25/ruby-2-2-0-released/

Rails使いとしては

たとえば、新しい Ruby のガーベージコレクタは Symbol オブジェクトのガーベージコレクトができるようになりました。 2.2 以前の GC は Symbol オブジェクトのガーベージコレクトに対応していなかったため、この新しい GC によって Symbol オブジェクトについてのメモリ使用が削減されます。 Rails 5.0 ではこの Ruby 2.2 以降でのみサポートされる Symbol GC が必須とされる予定です。 (詳細は Rails 4.2 のリリースについてのポスト を参照してください)

との事なので、今後のことを考えると、早めにRubyもバージョンをあげてしまいたいなと思ったりします。

Office 365 SoloでOneDriveの容量が無制限に向っている

Microsoft Office 365 Soloを契約してみました2

という話から

OneDriveが無制限になるという話出てきており

Office 365 OneDrive無制限早期利用申請画面

という感じのページがあり

ここから申し込んでみました。

そうしたら申し込んだ直後は変化がなかったのですが

今日見たらこんな感じになってました。

Untitled

 

ひとまず、容量の上限が10TBになったようです。

これはすごい。

GoogleDriveだと、$99.99/monthかかりますね!

 

 

 

VAIO Proで最近スリープ復帰時によくブルースクリーンになる解決法を求めて

IMG_20141114_230921最近、こんな画面をよく見るようになりました。

以前からちょくちょく出てた気はしますが

最近はモバイルする事が多く、見る頻度が上がっているだけかもしれません。

で、このブルースクリーンですが

SynTP.sysが悪さをしているという事で間違いないと思っています。

このSynTP.sysというのは何者かというと

VAIOの手元にある、タッチパッド。

そうこのタッチパッドを動かすためのドライバなんです。

ドライバが悪さするなんて、と思ったりもしますが

ドライバが悪さをすることは良くあることです。

ということで、このドライバ、新しいのを探してみました。

製品別サポート情報 VAIO Pro

というページがありました。

VAIOの新しい会社のサポートページのようです。

自分のVAIOSONY時代のVAIOなのですが

VAIO Proとしては、おそらくほぼ中身は一緒だろうと言うことで

ここのドライバを使います。

このページにあるアップデートプログラムから

同意してダウンロードページ

を押して

Synaptics Pointing Driver

synaptics

を探します。

これを入れちゃいます。

synaptics

入れた結果です。

バージョンが上がりました。

これで様子を見てみようかと思います。

軽く触ってみたところ

2本指でスクロールする時のイライラ感が軽減されている気がしました。

今までは2本指でスクロールしようとすると、スクロールは途中までで、あとはカーソルが移動してしまったりして、ほぼ使い物にならなかったレベル。

けど、さすがにmacのスムーズさにはまだまだかなわない。

Android 5.0 Lollipop入れてみました。

持っている機種はNexus 5

気がついたらOSアップデートのお知らせが来ていたので

早速入れてしまいました。

DSC_2077

DSC_2078

 

DSC_2079

今日はここまで。

インストール完了後、少しいじってみた感じでは、なんか反応が良い気はします。

あと、クイック設定の所にライトって付いたのが地味に便利かもしれない。

あとは、自動回転の制御がここから出来るようになったのもありがたい。

キャリアから出ているAndroidには、自動回転の設定がここに入っているのが多いと思うけど

Nexus 5(というか、Android4.4の標準の状態)は入ってなかった。

互換性の話

ファイナルファンタジーレコードキーパーを入れていたのですが

武器の強化のところで強化直後操作を受け付けなくなるという不具合にあたりました。

これはもうバージョンアップを待つしか無いです。

新しい物に飛びつくと、こんな感じで未対応なのがあったりするのでつらいのだけど

新しいのを試したいという気持ちの方が強い今日この頃でした。

 

Microsoft Office 365 Soloを契約してみました2

以前の記事で、Amazonからの購入で、無事にアクティベーションできたようです。

で、今回のOffice 365 Soloというのは

サブスクリプション型のOfficeで

年間契約12744円という感じになっております。

で、PCには2台にインストール出来、AndroidやiPhone、iPadと言ったデバイスにも

2台にOffice Mobileをインストール出来るというプランです。

試しにメインマシンにインストールしてみました。

office_365

入れたライセンスが、管理画面から非アクティブ化を選べたり

ライセンスの管理がやりやすくなっています。

今までは、正規ライセンスで2台入れれたりする物の、2台目に入れるのが怖かったり

1台目がクラッシュして新規で買い換えたときなど、恐怖でいっぱいでした。

今回からはその恐怖はなくなります。

使わなくなったマシンのOfficeについては、非アクティブにすれば良いだけですからね。

余談

もうじき、Office 365のサブスクリプション契約時のOneDriveの容量が無制限になるようです。

これからはこっちをメインで使うことになりそうです。

余談2

このサブスクリプション型のライセンスですが

PCにOfficeがバンドルされているプレインストール製品の場合でも、年額6,264円で

もう一台のPCにOfficeをインストール可能という事で

お得?に使えるようになっているようです。

余談3

もしかしたら、Googleも現在の1TB/$9.99/月のプランが無制限になったりして。。

Yahooボックスの容量無制限プランが使えない件

どうも、最近オンラインストレージを色々試しているわけですが

前回のMicrosoft Office 365 Soloを契約してみましたでもそうですが、OneDriveを1TBというのもそのいっかんというか

容量とかサービスとか総合的に見て最新版Officeが付いて容量1TBというのは

やはり他社にはない大きな利点だと思っています。

で、容量で言えばYahooボックスの容量無制限というのがあります。

これは月額690円で保存容量が無制限になるプラン。

が、スマホから限定とか、通常領域(マイボックス)が拡張されるわけではなく

別の無制限用のディレクトリが出来るイメージで

いまいちな感じがしてました。

が、容量無制限というのは美しい響きなので、契約してみました。

yahoobox

Powered by Pogoplug

となっております。

他社サービスを結合して使っているという部分が不安ではあります。

とはいえ、始めちゃったので、早速。

家のPCには、趣味柄、色々と撮影した動画やらビデオが多いため

これらをメインに無制限の所に移動しました。
※移動してしまった。。

PC上にインストールするタイプのYahooボックス同期ツール

これも使えないツールな訳ですが

これを入れてYahooボックスにのマイボックスに大容量ファイルを転送します。

DropBoxのように、フォルダに入れた物を自動的にサーバ側と同期してくれるツールです。
※してくれるはずだった

サーバに送りたいファイルをYahooボックスに移動します。

yahoobox_icon

このフォルダに入れると、自動でサーバに転送されるようです。

サーバ側に転送したファイルを、今度はスマホの画面からちまちまと無制限の方へ移動します。

ここまでは、結構つまづいたけどなんとか完了したわけです。

つまづいた内容はというと、容量無制限に移動すると、移動しているので

マイボックス側のファイルは消えるはずなのですが、残ってしまったり

残っているが故に、「最新の状態に更新する」という機能を選択すると

再度アップロードされてしまったり。
そもそも、最新の状態に自動でして欲しいんですが。

で、いざ無制限からYahooボックスの通常の方へファイルを移動してみようと思ったのですが

alert

こんなエラーがでて一向に移動もコピーも出来ません。

そう

なんか、ファイルの移動、コピーが一方通行な訳です。

たぶんファイルがでかいというのもあるかと思いますが

これでは、大切なファイルを人質に取られて

ひたすら月額690円を搾取されるだけのサービスとなってしまいました。

一応、移動・コピーが出来ないと言うことはお問い合わせの方へ連絡してありますが

返事の来ない窓口なので、もう個人としてはどうしようもありません。

少額ながら、有料なサービスなので、サポート窓口はわかりやすいところへ置いておいて欲しいものです。

690円を払い続けるか、涙をのんでデータを捨てるのか

どちらも安易には決断できない内容です。

どうしよう。

Microsoft Office 365 Soloを契約してみました

office_365

はじめ、素直にMicrosoftStoreというところで購入ボタンを押してしまったのですが

注文処理をしています。

みたいな画面で止まってしまいました。

一応注文番号は発行されているし、

cart

という表示になったので、完了している物と思ったのですが、いっこうにメールが来ないし注文履歴も表示されない。

3日後に、これはおかしいと思い、Microsoftへ連絡しました。

話を聞いてみると、クレジットカードが承認されていないとのこと。

海外を経由して承認することになるから拒否される事があるとのこと。

とくに悪いことはしていないのですが、そーいうユーザもいるらしい。

運悪くあたってしまったようだ。

でだ。

問題は、注文が通った通らないに関わらず、注文履歴なりに履歴はだせ!

という事。

ユーザとしてはどうして注文完了しないのか、分からないし、問い合わせ前提のシステムなんて

大手Microsoftがやってや行けない事だと思う。

ということで、即キャンセルし、Amazonで購入。

結局の所、MicrosoftにOffice代金が行くのだけども、気持ち的に。

結果的に、MicrosoftStoreよりも少し安くなりました。

これで、OneDriveの容量が1TBと、最新版Officeが使えます。

良かった。

ワイヤレス充電パッドを頂きました。

今の職場を退職するという件で、

非常にありがたいことに、開発チームのメンバーの一人より

ワイヤレス充電パッドをいただいてしまいました。

以前よりNexus 5がワイヤレス充電に対応してるんですよね~みたいな

話をしていたので、それでチョイスしていただけたのかと思っています。

で、早速ですがまずは箱の方を

DSC_1885

そして、Nexus 5。

とくに見た感じワイヤレス充電に対応していそうな感じがしないですが

出来るようです。

DSC_1887

 

ワイヤレス充電パッドを準備してみます。

線は、MicroUSBではなく、ピン型のやつでした。

DSC_1886

 

早速乗せてみます。

充電できる機器を乗せると、最初オレンジ色に光ります。

充電できる機器を検知している感じです 。

しばらくすると、ワイヤレス充電パッドの方が、緑のランプがつくみたい。

DSC_1888

置く位置はあまりシビアではない感じです。

なので、寝室で寝るときに置く充電台として使う予定です。

あと、充電している最中は、結構熱くなります。

これは風通しの良い場所で使うのが良いかもしれません。

VAIO Proで、文字を入力可能な所をタッチした際にソフトウェアキーボードが表示される件の対応

VAIO Proで、タッチパネルを選んだ場合に

やはり画面をタッチして操作した方が早い!

なんて場合が多々ありますが

その際に文字を入力可能な項目をタッチすると、毎度ソフトウェアキーボードが表示されてしまいます。

これは、Windowsがタブレットの場合は有効な機能ですが

VAIO ProのようにキーボードがあるノートPCの場合、ほとんど使いません。

という事で、このソフトウェアキーボードを無効化してみたいと思います。

まずはコントロールパネルを開きます。

その中に管理ツールというものがあるかと思います。

それを開きます。

開くと、サービスという物があるので、開きます。

サービスを開くと、サービスの一覧が表示されていると思います。

その中から

「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」

という項目を探します。

おそらく、状態のところが実行中で、スタートアップの種類が自動になっているかと思います。

今回はこれを無効化します。

Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを開いて、以下のようにスタートアップの種類を無効に設定します。

Image

さらに、現在サービスが稼働しているので、サービスの状態を停止にします。

Image

これで文字を入力可能な場所をタッチしてもソフトウェアキーボードが表示されなくなります。

 

VAIO ProのUSB3.0のポートが一つだけ使えなくなった件

先日VAIO Proを開き、おもむろにUSB3.0の雷マークがある方にUSBメモリ指してみたら

DSC_0754

なんと、繋がらない。

おや?と思って抜き差ししても駄目、ほかの外付けドライブ指しても駄目

BlueToothをOFFにしても駄目。

なんだろな~と思ってデバイスマネージャを見ても特に問題なし。

あ、これは修理コースかな~と思ったんですが

Windows Updateの実行前に戻せそうだったので戻してみるか~と思って戻してみました。

そしたら使えました。

結論

Windows Updateで何かUSBドライバとかディスクのドライバなのか、その辺にいらぬ改修が入って

使えなくなったっぽいというのだけはわかった。

さて、今後のWindows Updateどうしようか。

Windows8.1で接続したことがあるwi-fiのプロファイルを管理(削除)する方法

Windows8になってから、無線LANのアクセスポイントを管理する方法が
コマンドプロンプトだけになった。

Windows 8 で、wi-fiのプロファイルを作り方、削除仕方

ですが、なんと、Windows8.1で管理する方法が追加されたようです。

設定からPC設定の変更という所を選びます。

名称未設定

開いた画面から、ネットワークを選びます。

名称未設定

既知のネットワークの管理という所をクリックします。

名称未設定この中に、今まで繋いだことのあるwi-fiのプロファイルが表示されるので

不要なものを削除する、という事が可能になりました。

MySQLコマンドで直接クエリを実行

mysqlのコンソールに入ってSQLを書いて実行、そんな一手間を省きたい時は

というように書けば直接SQLを実行出来る。

さらに、

とかいてやれば、タブ区切りのファイルのできあがりです。

F-05Dのソフトウェアアップデートで失敗する方のために

先日、2014年4月8日にARROWS X LTE F-05Dのソフトウェアアップデートが公開されました。

このアップデートで、ビルド番号が

最新ビルド番号:V13R42C

に変わるようです。

これまで、V13R40Aでしたが、Xperia Zのテザリングで、F-05Dからだと繋がらない、という症状が出ており、今回のアップデートがどんぴしゃか!と思ったのですが

想像通り、富士通ということで、アップデートが出来ないという症状に悩まされておりました。

更新ファイルに問題があるため処理を中止します

という表示が出て更新が出来ないという症状が。

同様な方が少なからずいるかと思います。

これについて、特に富士通からもDoCoMoからも何も改善が出ていないですが

一つ、解決に繋がりそうな方法がありましたので、書いてみます。

http://spf.fmworld.net/fujitsu/c/update/nttdocomo/f-05d/update1/top/index.html#heading02

このページは、以前、2.3から4.0にあげるために使用したアップグレード方法のページです。

このページの手順通り、再度アップグレードをかけます。

その後、再度V13R42Cへのアップデートを実行してみましょう。

おそらく、問題なく更新されたのではないでしょうか?

git cloneした時に、Gtk-WARNING **: cannot open display:

git cloneしたときに

(gnome-ssh-askpass:***): Gtk-WARNING **: cannot open display:

という表示が出てエラーになる。

どうも、SSHの処理がパスワード入力ダイアログを出したいらしい。

これに関連する環境変数が

SSH_ASKPASS

という事で、これをunsetして見ます。

これで、無事git clone出来るかと思います。

TortoiseSVN・TortoiseGitでマージツールにお悩みの場合にはP4Mergeを

TortoiseSVNや、TortoiseGitで、競合が発生した場合に使用するTortoiseMergeですが、あまり使い勝手が良いとはいえないです。

そんなときは、P4Mergeを入れてみましょう。

インストールは

http://www.perforce.com/product/components/perforce-visual-merge-and-diff-tools

から。

キャプチャ

このように、Visual Merge Toolのみを有効にして、後は無効にします。

これでインストール。

インストールが完了したら、TortoiseGitの設定をします。

設定画面を開き、キャプチャ

 

マージツールの項目を選択。

外部を選択してから、P4Mergeのパスを設定します。

これで、設定は完了です。

古いUbuntuを使っていて、apt-get updateなどが失敗する(404)

Ubuntuはサポートが切れたバージョンの場合

archive.ubuntu.com

から

old-releases.ubuntu.com

というドメインにパッケージが移動するようです。

ということで、

/etc/apt/sources.list

の中のドメイン名を変更してみます。

となっているので、これを

という感じに変更してみます。

これで正常にapt-get updateが通るようになりました。