ubuntu

IPアドレスを指定するファイルは /etc/network/interfaces DHCPで取得するような設定の場合 このファイルの中に auto eth0iface eth0 inet dhcp といったような記述があります。 ここのifaceの設定を以下の様に変更することで、IPを固定化出来ます。 iface eth1 inet static address 192.168.0.6 netmask 255.255.255.0 gateway 192.168.0.1

CentOS, git

CentOS 5.9 には、標準状態ではyumでgitをインストール出来ない模様。 なので、RPMforgeを使ってyumにリポジトリを追加してからgitをインストールして見ます。 このページを参考に、該当のrpmファイルをダウンロードします。 ダウンロードしたパッケージファイルをインストールします。 rpm -ivh package-filename yumで検索してみます。 yum search git git.x86_64 : Git core and tools git-all.x86_ ...

PC関連, Windows

VAIO Pro 11ですが、どうも無線LANが不安定。 症状がちと特殊で 無線LANで接続 + USB3.0でSSDの外付けドライブ接続 という組み合わせですごく不安定 というか、繋がらなくなる。 USB3.0接続の外付けドライブを外すと無線LANが復活したりする。 調べてみても、他の方々はあまりそのような症状が出ていないような感じ。 というか、SSDの外付けを繋いでいるというのが割と特殊なのか この件について、少し調査してみました。 まず、VAIO Pro シリーズでおきまりの設定 ■SVP ...

Ruby on Rails 4, ubuntu

rvmを使って実行環境を分けつつ、crontabなどで自動起動をさせたい時 まずはrvmでラッパーを作成する rvm wrapper 2.0.0@rails4.0 start unicorn_rails これを実行すると、~/.rvm/binにstart_unicorn_railsというファイルが出来上がる このファイルに対してunicorn_railsに指定するパラメータを指定してやると rvmを読み込んだ状態でunicorn_railsを実行してくれる。

Windows

VAIO Pro 11でなくても、もしかしたら使える方法かもしれないです。 Windows 8.1をインストール前にVAIO Updateをかけて、すべて完了させる。 Windows 8.1インストール後、VAIO Updateをかけて、すべて完了させる。 Windows 8.1で字がぼけるのを直す VAIO Proなどのように高解像度なノートPCなどで、なんかWindows 8.1にアップデートした後に字がぼけたりした場合、解像度の問題かと思われます。 -を開き というチェックがあるので、これ ...

git

git log -S"production" コミットで、productionというキーワードを含んだ追加・削除・変更が行われたログの一覧を取得 git log -S"production" master..branch master..branch間のコミットで、productionというキーワードを含んだ追加・削除・変更が行われたログの一覧を取得 git log -S"production" app/controllers/appl ...

git

git for Windows で、外部のエディタを使うのも良いですが、たまにはviも使ってみましょう。 と言うことで $> git config --global core.editor 'vim -c "set fenc=utf-8"' とgitのコンフィグを設定してあげるだけで、コミットログの編集にviを使う事が出来ます。

git

昔からWindows上でUnixのコマンドを扱える環境として Cygwinがありました。 当時というか、ちょっと前まで、レジストリに何か設定を残したりしてて うれしくない、ということで、最近はマシンスペックも高くなってきていたので VMでUbuntuを使うようになっていました。 けど、Windows上でもgitコマンドが使いたい、と言うことで git for Windowsというのを使ってました。 これはまぁCygwinのgitコマンドと周辺コマンドのみをパッケージングしたような物で lessが ...

git

git for windowsは、まだ完成とは言い切れない(日本語環境で使うには)というイメージがあり 実際にコミットメッセージをコマンドラインで入力する方法でコミットすると 他の環境ではそのコミットメッセージが化けて見えたりします。 ということで、化ける原因を解消したいので エディタを別のものに変えてみます。 gitには設定でエディタを変えるという事が出来るようになっているので その設定を変更してみます。 git help configの中にあるように core.editor という設定項目を ...

git

git logでツリー状の良い感じの表示を実現するコマンドオプションをエイリアスに登録する。 git config alias.all-log "log --oneline --decorate --graph --branches --tags --remotes"

Ruby on Rails 4

config/environments/production.rbファイルの中の config.log_level に :debug を設定します。 config.log_level = :debug

Ruby on Rails 4

Rails 3.x 以降でセッションのIDを得る方法が session.session_idでは無くなったようです。 request.session_options  

WordPress

ソースコードの表示今までだと若干見にくい感じになっていたので、プラグインを入れ替えてみました。 SyntaxHighlighter Evolved インストールするには、単純に Wordpressの管理画面のプラグインと言うところで 新規追加ボタンを押してプラグインの検索に「SyntaxHighlighter」と入力して検索するだけで 一覧に表示されます。 ここから、インストールをクリックするだけで入れることが出来ます。 ソースコードを見やすい表示にしたい場合、 [ruby] list = li ...

git, 開発

複数人でgitリポジトリを管理しており、ほかの誰かがリモート上のあるブランチを削除した場合 ローカルリポジトリ上で git branch -r とやると、消されたはずのブランチが出てきてしまう。 さらに、ここで git push origin :deleted_branch とやってみても error: unable to delete 'deleted_branch': remote ref does not exist error: failed to push some refs to ' ...

Scala

Scala IDEが便利になった。 というより、Eclipse同梱版が出来て、楽になった。 Scala IDEは、Scala2.10.x用の環境で、Scala 2.9.x以下を使っている場合は使えないようです。 ※Scala IDE上ではScala 2.10.xが動くけど、コマンドラインでは2.9.xという感じでは使えるかと思います。 Scala IDEは、ベースがEclipseなので、Windowsの他、Mac OSとLinux上で使えるようです。 Scala IDEについて 自分が便利だと思 ...

ubuntu

Ubuntuのデスクトップは標準では使いにくいので、どうせならMac OS風にして見よう、と思ってやってみます。 Mac OS風になる物はいくつかあるようですが 今回はGlx-Dock / Cairo-Dock という物を使ってみます。 インストールはパッケージ管理でちょこちょこっとコマンドを叩くと入れられるようです。 では、オフィシャルページにあるインストール方法を実行していきます。 ※ここでは、Ubuntu Serverではなく、通常のUbuntuで、Ubuntu-Desktopがインストー ...

PC関連, Windows

Windows 7 まではまだ、 「ワイヤレスネットワークの管理」 という機能があり、この中で、今までつなげたことがあるwi-fiの設定が入っている。 この中で、追加や削除、接続の優先度などを変えることが出来る。 それがWindows 8ではなくなっている。。 どうも、公式を見ると、コマンドプロンプトで管理しろということらしい。。 不親切にもほどがある。。 と言っていても仕方ないので コマンドプロンプトでのやり方を調べてみる。 wi-fiプロファイルの追加 netsh wlan add prof ...

AWS

AWS(Amazon Web Service)始めました。 遅ればせながら、AWS始めました。 これから、色々とAWSに関する事を書いていこうかと思います。

Linux

rsyncを使って秘密鍵認証を要求するホストにファイルを転送するには rsync -rave "ssh -i PEMKEYFILE.pem" /path/to/local/files user@HOSTNAME:/path/to/remote/files とする。

git

git svn fetchを実行すると、そのままsvn上で登録されている編集者情報が取り込まれます。 gendosu <gendosu@f6c38acf-3242-4c98-89c5-1a79c4400658> のように。 svn上ではgendosuで入っているわけですね。 これのメールアドレスの所に、正式なアドレスを入れてあげたい そして、名前の所も別の物を入れてあげたい と言うことで、適当な所にsvnauthersというファイルを作ります。 ファイル名は適当で良いです。 これを、 ...