VMWare

VMware Serverなどで、ゲストOSの起動時にUSBドライブを自動接続するには

CentOS

Redmineとはプロジェクト管理ツールで、tracなどと同等の物か、それ以上なので 自マシンに入れてみようと思う。 ※本当はすでに何年も前から使っているが、記事として書くため MySQLをインストール 今回はyumで簡単に入れてしまう Rubyをインストール から1.8.7の最新をダウンロード ダウンロードしたものを解凍 インストールパスは /usr/local/rubyにする /etc/profile の export PATHしているようなところの直前で を追加 gemのインストール より ...

CentOS

SVNで、trunkからbranchesへ、またはbranchesからtrunkへ切り替える際に svn sw なんてやったりしますが この時、trunkを抜かしてしまうと、大変なことになります。 もしやってしまったら、慌てずに再度正常なURLでsvn swコマンドを実行します。 もし、ディレクトリが上書きできないというエラーが出たりしたら svn sw --force という感じで強制的に実行することが出来ます。 これで、SVNコマンド自体は正常に終了すると思います。 が、これで終わりません( ...

Android

AndroidからGoogleMapにアクセスするには、MapViewクラスを使用する。 GoogleMapは、Androidから見たら外部サイトなので、uses-permissionを設定する必要がある。 eclipseでの設定は AndroidManifest.xml ファイルを開く。 Permissionsタブを開き、Addボタンを押す Uses Permissionを選択してOKボタンを押す リストに出たUses Permissionを選択し、右のNameに「android.permis ...

CentOS

Subversionのサーバを立てたい。 CentOSのパッケージでは1.4.2とかいう古いものであまり使いたくない。 ということで、Subversionをソースからコンパイルすることにした。 Subversionは1.6系の最新を使う予定。 Apacheは2.2系の最新を使う予定。 berkeley-dbは4.4系の最新を使う予定。 ※Subversionが求める最新が4.4あたりだった気がするので。 ※あと、apacheとsubversionでbdbのバージョンが合わないとうまく動かない と ...

Android

AndroidからGoogleMapにアクセスするには、Android maps APIという所でサインアップしてキーを取得する必要がある。 このサイトで、サインアップをする。 「My certificate's MD5 fingerprint」という項目に入れる内容は JDKに付属のkeytoolというもので生成する 実行すると、以下のように出力される 一番下の「証明書のフィンガープリント (MD5)」に書いてあるキーがフィンガープリントになる。 これを「My certificate's MD ...

Android

WebViewのloadUrlにと書いた場合 外部との通信が必要になるので パーミッションの設定を行います。 AndroidManifest.xmlファイルのmanifestタグに を追加する必要がある。

Android

settingという項目をクリックして設定画面を開く Language & keyboardを選択 Select localeを選択 日本語を選択 文字入力設定の中文?みたいなののチェックとAndroidキーボードのチェックを外す

Android

LINX 3D(SH-03C)のUSBドライバをインストール から、SH-03CのリンクをクリックしてUSBドライバをダウンロードしてインストールします。 これは、PCとSH-03Bを接続するためのドライバですね。たぶん。 LINX 3D(SH-03C)の電源を入れ、PCに接続します。 LINX 3D(SH-03C)が認識されます。 LINX 3D(SH-03C)用のADB/USBドライバをインストール の中のリンク「ドライバ」にSH-03C用のものがあるのでダウンロードして、解凍だけとりあえず ...

Android

アイコンイメージなどのリソースは res/drawable-hdpi res/drawable-ldpi res/drawable-mdpi などに保存するが、サイズを意識しない画像リソースは res/drawable-nodpi フォルダに保存する

Android

ビューを再描画するには を実行

Android

Emulated Device Key Keyboard Key Home HOME Menu (left softkey) F2 or Page-up button Star (right softkey) Shift-F2 or Page Down Back ESC Call/dial button F3 Hangup/end call button F4 Search F5 Power button F7 Audio volume up button KEYPAD_PLUS, Ctrl-5 ...

Android

AndroidSDKに付属しているエミュレータ、ノートPCとかでXperiaのサイズにすると、微妙にはみ出したりして、うまく画面に収まりません。 なんとかしたいので、やってみました。 エミュレータの起動コマンドのヘルプには -scaleというオプションがあります。 ここに数値を指定すればよいようです。 70%のサイズで表示させる場合は eclipseでやっている場合は eclipseの画面の こんな感じのボタンから起動すると思います。 この起動ボタンの隣の小さい下向き三角を押して「Run Con ...

CentOS

vi /etc/inputrc #コメントを外す set bell-style none デスクトップのメニューから「システム」→「管理」→「ログイン画面」を選択し「アクセシビリティ」タブを開いて「ログイン画面を表示した時」のチェックを外す #vi /root/.vimrc に set visualbell を書く

Windows

TechNetにWindows Storage Server 2008があったので 入れてみる。 どうも、インストールディスクは英語版しかないようなので英語版を入れる。 LanguagePackはあるので、あとで日本語化する。 SP2を入れる前に、パッチを当てないといけないらしい。

PC関連

Tera Term Proの背景を黒に設定したときに 単純に見やすいように設定を変更

VMWare

vmware で ビープ を 消す

CentOS

先日、「CentOS にディスク増設」について書いた。 その後の話です。 あの設定、単純にディスク容量を追加するだけの設定で、どちらか一方のディスクがイカレると、まったく復旧できないものになってしまう。 実際、追加したばかりのディスクが障害を起こし、無事だったディスクも読めなくなってしまった。 いつか、意地で復旧してみようとは思うが、ちょっと大変そうなので今のところはこれで終了。 教訓。 ディスク増設したらLVMで容量追加するのではなくて 普通に使った方が安全。 いつか、Cent OS上でRAI ...

CentOS

まずは物理的にディスクの構成を確認する fdisk -l 今回増設したディスクは、/dev/hdbで、もともとWindowsマシンで使っていた物なので、ファイルシステムがNTFSになっている。 パーテーションの設定 fdisk /dev/hdb ヘルプを表示 まずは、不要なパーテーションを削除するので、dコマンドで削除 次に、新しいパーテーションを作成 パーテーションタイプを設定 設定を保存して終了 続いて、PV作成 作成したPVの確認 PVをVGに登録 VGの確認

未分類

ゲームパットの設定と言うことで、むかーしFF11の頃に使っていたPSコントローラをつなぐコンバータを物置の奥から引っ張り出してみました。 まだドライバ出してんのかな~。 と思い、ホームページに言ったら、Vistaまではあるようです。 7とVistaはそんなに違いないし、ホームページにもVista用を使ってねみたいなことを書いてあったので さくっとインストール そんで、PS用コントローラをPCにさして見たら、なんとなく使えそう。 ゲームパットの設定画面も普通に開き、こりゃすぐプレイ出来るね!! と ...